コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリンソウ

百科事典マイペディアの解説

キリンソウ

北海道〜九州の日当りのよい山地草原や海岸の岩地にはえるベンケイソウ科多年草は多数群生することが多く,高さ5〜30cm。葉は緑色多肉で,長さ2〜4cmの広披針形。夏,茎頂に多数の枝を分かち,黄色5弁の花を密につける。観賞用に栽培もされる。山中にはえ,全体がやや大きいホソバノキリンソウは,高さ20〜60cmとなり,茎が少数ずつはえて,群生することはない。葉は長さ3〜6cm。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリンソウ
きりんそう / 麒麟草
[学]Sedum aizoon L. var. floribundum Nakai

ベンケイソウ科の多年草。葉の形や大きさ、茎高などの変異性に富む。根茎があり、毎年高さ10~50センチメートルになる花茎を多数束生する。葉は普通は互生し、質が厚く、広倒披針(ひしん)形または倒卵形で長さ2~5センチメートル、縁(へり)に鈍い鋸歯(きょし)がある。5~7月、多数の黄色花を平面状に密生した集散花序を頂生する。花は径約1センチメートル、5数性で雄しべは10本。花弁は披針形。雌しべ5本、子房は熟して星形の果実となる。山地の草原、林縁、崖地(がけち)、海岸などに生え、日本を含む東アジアに広く分布する。[大場秀章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android