コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリンソウ

百科事典マイペディアの解説

キリンソウ

北海道〜九州の日当りのよい山地草原や海岸の岩地にはえるベンケイソウ科多年草。茎は多数群生することが多く,高さ5〜30cm。葉は緑色多肉で,長さ2〜4cmの広披針形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリンソウ
きりんそう / 麒麟草
[学]Sedum aizoon L. var. floribundum Nakai

ベンケイソウ科の多年草。葉の形や大きさ、茎高などの変異性に富む。根茎があり、毎年高さ10~50センチメートルになる花茎を多数束生する。葉は普通は互生し、質が厚く、広倒披針(ひしん)形または倒卵形で長さ2~5センチメートル、縁(へり)に鈍い鋸歯(きょし)がある。5~7月、多数の黄色花を平面状に密生した集散花序を頂生する。花は径約1センチメートル、5数性で雄しべは10本。花弁は披針形。雌しべ5本、子房は熟して星形の果実となる。山地の草原、林縁、崖地(がけち)、海岸などに生え、日本を含む東アジアに広く分布する。[大場秀章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キリンソウの関連キーワードセイタカアワダチソウ(背高泡立草)アキノキリンソウ(秋の麒麟草)ミヤマアキノキリンソウアオヤギソウ(キク科)シロサビキン(白銹菌)マンネングサ(万年草)キリンソウ(黄輪草)セイタカアワダチソウホソバノキリンソウ陸中海岸国立公園アキノキリンソウジョウザンシジミ野草(植物)アワダチソウソリダスター金花・金華コガネギク菊葉劉寄奴弁慶草泡立草

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリンソウの関連情報