コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルギス語 キルギスごKirgiz language

3件 の用語解説(キルギス語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルギス語
キルギスご
Kirgiz language

中央アジアのキルギスを中心に隣接諸国や中国のシンチヤン (新疆) キルギス自治州,アフガニスタンで話されている言語。話し手は約 210万人。カザフ語カラカルパク語と近い関係にあり,チュルク諸語の北西方言 (キプチャク方言) に分類される。エニセイ川流域のエニセイ=キルギス語もまたキルギス語と呼ばれることがあり,これもチュルク諸語ではあるが,上記のキルギス語との親近関係の程度は未詳。 1927年からローマ字,1939年からロシア文字を使用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キルギス語【キルギスご】

チュルク諸語の一つ。キルギスタン共和国を中心に東西トルキスタン境界付近の山岳地帯に広く分布。1928年ローマ字正書法が採用されたが,1940年以降ロシア文字による正書法に改められた。
→関連項目キルギス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キルギスご【キルギス語 Kyrgyz】

中央アジアのキルギスタン共和国をはじめ隣接のカザフスタンウズベキスタンタジキスタン共和国,さらに中国の新疆ウイグル自治区とアフガニスタンで話される。1989年現在,旧ソ連内に約253万人のキルギス族がいて,その大半がキルギス語を母語とする。キルギスタンの最も有力な言語で,同国でキルギス族の人口は52.4%を占める。ほかにロシア人が21.5%いる。かつてカザフ語をキルギス語といい,キルギス語をカラキルギス語といったことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキルギス語の言及

【カザフ語】より

…中国とモンゴルの話し手は100万余。カザフ語はかつてキルギス語といい,現在のキルギス語はカラキルギス語といった。言語の系統としてはチュルク諸語に属し,ノガイ語,カラカルパク語に近い。…

※「キルギス語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キルギス語の関連情報