キルティング(英語表記)quilting

翻訳|quilting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本でいう綿入れ刺し子。2枚のの間に綿毛糸屑,ゴムないし化学フォームなどをはさみ,上から細かい手縫い,もしくはミシン縫いで留め合せたもの,およびその技法。縫い目によりレリーフ状の矩形,ダイヤ柄,曲線模様を描くことができ,また保温性も兼ねているため,掛けぶとん,ベッドカバー,衣服などに多く用いられる。この技法は東方に発生し,古代エジプト,ギリシアローマ,中国などにもみられる。中世ヨーロッパでは防寒用として,軍服の一部に用いられたが,次第に装飾的要素が強くなり,18~19世紀には男女の上・下における重厚な飾りとして流行した。今日では手芸的なものは減少し,機械生産のものが多く,主として冬のホームウエア,防寒用外衣に利用される。技法は,全体に綿を入れて模様全体を浮き出させるイギリス式と,部分的に綿を入れて模様の輪郭線のみを浮き出させるイタリア式とに大別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

装飾や保温のため布の間に綿などを入れてランニングステッチでとめつける手芸。(しん)を全体に入れて刺すイングリッシュ・キルティング,図案の部分だけ芯を入れるイタリアン・キルティングなどがある。またパッチワークをした表布,綿,裏布をはさみ,表布にステッチしたアメリカン・キルティングまたは,パッチワーク・キルトが広く行われている。最近は合繊地に合繊綿を入れミシンステッチしたキルティング布が市販され,軽くて洗濯がきくので寝具,部屋着,ジャケットなどにされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

2枚の布の間に,綿(わた)または芯,羽毛などをはさみ,ランニング・ステッチでとめつける手芸。幾何学模様やさまざまな図柄が立体的に浮彫で表現される。保温と装飾をかね,ベッドカバーなど大きなものから小さな袋類まで活用範囲は広い。2枚の布の間に綿か芯をはさみ,布全体にステッチしたのをイングリッシュ・キルティングといい,図柄の輪郭を2本のステッチで縫い,裏から毛糸などを詰めるのがイタリアン・キルティング。表布にアップリケまたはパッチワークをし,綿か芯をはさみ裏布と3枚重ね,表の図柄にステッチしたのがアメリカン・キルティングまたはパッチワーク・キルトともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表布と裏布の間に、綿または柔らかい羽毛や毛糸などを入れて縫い、模様を浮き上がらせたものをいう。キルティングには、おもに全体に模様を浮き上がらせたイングリッシュ・キルティングと、部分的に模様の中だけに毛糸などを通して浮き上がらせたイタリアン・キルティング、アップリケで図案を出し、さらにキルティングした、アメリカン・キルティングがある。

[木村鞠子]

由来

ヨーロッパでは11世紀初期につくられたのが、もっとも古いものといわれている。

[木村鞠子]

使われるステッチ

バックステッチ、チェーンステッチ、ミシン縫いなど。

[木村鞠子]

表布地

柔らかく、ある程度伸縮性のあるものが適する。絹クレープ、デシン、ブロケード、タフタ、サテン、絹風の交織地、薄手のウール地、カシミヤ、モスリンなどの無地から柄(がら)ものまで。

[木村鞠子]

裏布地

伸びの少ない布を選ぶ。交織羽二重(はぶたえ)、新モス、薄手木綿地など。

[木村鞠子]

芯にする詰め物

青梅(おうめ)綿、化繊綿、毛糸、柔らかい綿コード(線模様、細いところに使う)など。なお、スポーツウエア、ふとん類には羽毛が使われる。

[木村鞠子]

用途

保温向きのジャケット、スポーツウエア、部屋着、ドレッシーな衣服、子供物など広範囲である。袋物、室内装飾、膝(ひざ)掛け、ふとん類などにも用いる。

[木村鞠子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (quilting) 表布と裏布の間に芯(しん)として羊毛、化繊綿などを入れ、模様縫いにしたもの。また、そのように加工すること。全体に芯を入れてステッチで押さえるものと、部分的に芯を入れて模様を浮き上がらせるものとがある。保温、装飾用。防寒用衣類や寝具類などに用いる。キルト。
※流行うらがえ史(1965)〈うらべまこと〉一四「四〇万着のキルティング・ガウンを売り飛ばし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキルティングの言及

【パッチワーク】より

…ヨーロッパへは,11世紀ごろサラセン人の技術が十字軍によって伝えられ,壁掛けやテーブルクロスなどに使われた。18世紀にはアメリカの開拓者が耐乏生活の中でありあわせの布をはぎ合わせてパッチワークし,別布と合わせてキルティングにしたベッドカバーなど生活必需品を作った。また女性たちは集まっておしゃべりをしながら作品を作るキルティング・パーティを開いた。…

※「キルティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キルティングの関連情報