コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンバエ greenbottle fly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンバエ
greenbottle fly

双翅目クロバエ科に属するハエのうちで体が緑色ないし青色の金属光沢をもつ種の総称。オビキンバエ Chrysomya megacephala,ルリキンバエ Protophormia terraenovae,スネアカキンバエ Lucilia porphyrina,ヒツジキンバエ Phaenicia cuprinaなど多くの種がある。最も代表的なナミキンバエ (単にキンバエともいう) L. caesarは体長6~12mm,通常体は黄緑色で金属光沢が強いが,大きさの個体差が著しく,また色彩も変異に富む。複眼は濃赤褐色。翅は黄色を帯び,鱗片は褐色を帯びる。日本全土にみられ,世界各地に分布する。幼虫は人畜の糞,ごみため,動物の死体などを食べて育つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キンバエ

双翅(そうし)目クロバエ科の昆虫の1種。体長6〜12mm,金緑色で,ときに青みを帯びる。日本全土,朝鮮半島,中国,シベリア,ヨーロッパに広く分布。幼虫は糞(ふん),動物の死体,ごみためなどに発生し,成虫も同様のものを好む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キンバエ

双翅類昆虫のうち,体が金緑色または青緑色の金属光沢をもっているものの総称。主として,クロバエ科に属するハエを指すが,イエバエ科,ヤドリバエ科にも外見上類似した種が多い。英語では,クロバエ科に属し,体が金緑色の光沢をもつものをgreen bottle flyといい,人や家畜の害虫として有名な種が多い。和名キンバエLucilia caesar(イラスト)は,体長7~10mm。体は金緑色,ときに青緑色を帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンバエ
きんばえ / 金蠅
green bottle flies

昆虫綱双翅(そうし)目環縫(かんぽう)亜目クロバエ科キンバエ属の総称、またはそのなかの1種。この属のハエは体全体が金緑色に光るのでこの名があり、地方によってはギンバエともよばれる。日本に約10種がおり、多くが動物の死体、糞(ふん)、ごみためなどに集まり、産卵する。孵化(ふか)した幼虫(ウジ)はその腐肉を食べ、夏では4、5日で蛹(さなぎ)になる。蛹は赤褐色の楕円(だえん)形で、夏には5、6日で成虫になる。1雌の産卵数は200個以上で、卵は夏には約1日でかえる。
 キンバエLucilia caesarは、ほかのキンバエ類と区別するためにナミキンバエともいう。体長9~10ミリメートル、翅長7~8ミリメートルでやや大形種。胸部と腹部の背面周縁部は青藍(せいらん)色を帯び、中央部は黄金緑色を呈する。ヒロズキンバエL. sericataは、体長8~9ミリメートル、翅長7~8ミリメートルの中形種で、雄の頭部前額がかなり広い。胸部背面は緑色を帯びている。幼虫はサシとよばれて川釣りの餌(えさ)に使われる。ヒツジキンバエL. cupinaは、体長8ミリメートル、翅長7ミリメートルでやや小形種。銅色で光沢はやや鈍い。アフリカやオーストラリアの乾燥地帯では、ヒツジの傷口に産卵し、蠅蛆(はえうじ)症をおこし、羊毛に被害をもたらす有名な家畜の害虫である。カエルヤドリキンバエL. bufonivoraは、カエルの鼻孔内に幼虫が寄生する。[倉橋 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キンバエの関連キーワード不妊虫放飼法ハナダカバチコガネコバチハエ(蠅)金蠅・青蠅青蠅黒蠅蠁子ウジ糞蠅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android