コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーロフ キーロフ Kirov, Sergei Mironovich

7件 の用語解説(キーロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キーロフ
キーロフ
Kirov, Sergei Mironovich

[生]1886.3.27. ウルジュム
[没]1934.12.1. レニングラード
ロシアの革命運動家,ソ連初期の共産党指導者。 V.I.レーニンの弟子,I.スターリンの戦友といわれていた。 1904年カザン工業技術学校卒業。 05年ロシア社会民主労働党に入党,ボルシェビキに属し,鉄道ストライキの指導などで何回か逮捕された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

キーロフ
キーロフ
Kirov

1934年までビャトカ Vyatka。ロシア西部,キーロフ州の州都。カザンの北約 320km,ビャトカ川上流部左岸に位置する河港都市。 1181年ノブゴロドの商人が東方との交易のために建設,フルイノフ Khlynovと呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キーロフ(Sergey Mironovich Kirov)

[1886~1934]ロシアの革命家・政治家。シベリアカフカスで活動後、十月革命を指導。1923年共産党中央委員となり、昇進を重ねスターリンに並ぶ人物と評されたが、1934年12月に暗殺された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キーロフ

ソ連共産党指導者の一人。1904年以来のボリシェビキで,スターリンの後継者と目されていた。1926年党レニングラード県委員会書記兼北西局書記(ジノビエフ派の拠点であった党組織をスターリン派のもとに糾合),1930年党政治局員,1934年党中央委員会書記となる。

キーロフ

ビャトカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キーロフ【Kirov】

ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアの中東部,同名州の州都。カマ川支流ビャトカ川の河港。人口49万1200(1992)。1181年,フリノフKhlynovとして,ノブゴロド商人により創建され,14~15世紀にロシア人が定住した。1489年,モスクワが奪取し,1708年シンビルスク県,27年カザン県にそれぞれ編入された。80年ビャトカVyatkaと改名。流刑地として知られ,ゲルツェン,サルトゥイコフ・シチェドリンなどがここに流された。

キーロフ【Sergei Mironovich Kirov】

1886‐1934
ソ連邦の革命家,政治家。本名コストリコフKostrikov。ビャトカ県(現,キーロフ州)のウルジュムで生まれた。町人身分の出身。早く両親を失い,孤児院で育つ。1904年カザン工業学校卒業後,シベリアおよびカフカスの諸地域で革命運動を続けた。14‐18年には北カフカスボリシェビキ組織責任者。19年アストラハン軍事革命委員長。20‐22年ザカフカス各地のボリシェビキ政権成立に関与し,23年に党中央委員となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキーロフの言及

【キーロフ】より

…ゲルツェンが流刑中に創設した図書館が残っている。1934年にS.M.キーロフにちなんで改称された。【高田 和夫】。…

【キーロフ暗殺事件】より

…ソビエト共産党政治局員,書記局員で,レニングラードの党組織の第一書記でもあったS.M.キーロフが,1934年12月にスモーリヌイで射殺された事件。1930年代後半の大粛清の直接の契機となったことで知られる。…

【ソビエト連邦】より

…国内では1932‐33年の飢饉の傷跡は深刻であった。34年にかけて緊張緩和の措置がとられたが,その年の12月,新任の党書記キーロフが暗殺され,これが旧反対派の所業とされたことは,暗雲の前ぶれであった(キーロフ暗殺事件)。
[スターリン独裁へ]
 35年のコミンテルン第7回大会は反ファシズム人民戦線の結成を呼びかけた。…

※「キーロフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キーロフの関連キーワードモスクワ欧露コミヨーロッパロシアロシアンブルーロシア連邦共産党コミ[共和国]マリ・エル[共和国]モルドビア[共和国]ロシア[連邦共和国]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キーロフの関連情報