コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギプス 〈ドイツ〉Gips

百科事典マイペディアの解説

ギプス

普通はギプス包帯をさす。Gips(ドイツ語)は石膏の意で,焼石膏粉に水を加えると固化する性質を利用し,脱脂木綿布に焼石膏末をまぶしたものを,少量の焼ミョウバンを加えた温水にひたし気泡の出終わるのを待って患部に巻くとすみやかに固定包帯となる。
→関連項目骨折脊柱側彎症先天性股関節脱臼脱臼包帯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギプス【Gips[ドイツ]】

主として四肢,軀幹を一定の位置に保持するために用いる固定材料。その成分は硫酸カルシウム(焼セッコウ)の白い粉末で,これが水と反応して硬化する性質を利用している。この場合,加える水の温度が高いほど硬化は速い。 普通はガーゼ包帯の間にギプス粉末を挟みギプス包帯として用いる。布にギプス粉を特殊加工して固着させたものもある。これを温水または水に浸し一定の位置をとった四肢の軀幹に幾重にも巻きつけ,肢位を保持しながら硬化を待つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ギプス【Gips】

〔石膏せつこうの意。ギブスとも〕
骨折や靭帯じんたい損傷などの場合に患部を固定し、保護するため、包帯を石膏で固めたもの。ギプス包帯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ギプスの関連キーワード人工爪(スカルプチュアネイル)イグナティウス・デ・ロヨラサンチョ7世(強力王)サン・セバスティアンサン・セバスティアン特発性大腿骨頭壊死サンセバスティアンD. ラパポート上腕骨外科頸骨折ギプスコルセットフォルクマン拘縮ベアンズデイル大腿骨幹部骨折ラトローブ地方自由エネルギー大腿骨頸部骨折上腕骨顆上骨折若年性脊柱後彎ベネット骨折スマラカレギ

ギプスの関連情報