焼石膏(読み)ショウセッコウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐せっこう〔セウセキカウ〕【焼石×膏】

焼(や)き石膏

やき‐せっこう〔‐セキカウ〕【焼(き)石×膏】

石膏を加熱し、脱水して得られる白色の粉末。水を加えると発熱・膨張して固まり、石膏に戻る。石膏細工や建築・歯科材料などに使用。しょうせっこう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐せっこう セウセキカウ【焼石膏】

〘名〙 石膏を熱し、脱水して得られる白色の粉末。水を加えると固まり石膏にもどる。彫刻などの石膏細工、建築や歯科の材料などに使用する。やきせっこう。石膏粉。パリ石膏。〔稿本化学語彙(1900)〕

やき‐せっこう ‥セキカウ【焼石膏】

〘名〙 石膏を摂氏一二〇~一九〇度ぐらいでいて得られる白色粉末。硫酸カルシウムの半水和物と無水和物の混合物で、水を加えるともとの石膏にもどり硬化する。塑像、歯科用の型、塗装用プラスターなどに用いられる。しょうせっこう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android