網野菊(読み)あみのきく

日本大百科全書(ニッポニカ)「網野菊」の解説

網野菊
あみのきく
(1900―1978)

小説家。明治33年1月16日東京に生まれる。千代田高等女学校在学中から文才認められ、1920年(大正9)日本女子大学校専門学校(現、日本女子大学)英文科卒業の年、短編集『秋』をまとめた。また、早稲田(わせだ)大学露文科に聴講生として在籍。1923年志賀直哉(なおや)を訪ね、以後、一貫して志賀に師事。1926年志賀の世話で『光子(みつこ)』を刊行。その作風は、生き別れた実母、3人の義母、破婚の経験などを描いた私小説に徹し、ことに第二次世界大戦後、『憑(つ)きもの』(1946)、『金の棺(ひつぎ)』(1947)などにより、その重厚さが評価された。代表的な作品集に『汽車の中で』(1940)、『さくらの花』(1961)、『ゆれる(あし)』(1964)、『一期一会』(1967)など。1970年芸術院会員。昭和53年5月15日

保昌正夫

『『網野菊全集』全三巻(1969・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「網野菊」の解説

網野菊
あみのきく

[生]1900.1.16. 東京
[没]1978.5.15. 東京
小説家。 1920年日本女子大学英文科卒業。 21年から同校で英語を教え,短編『蕎麦種子』 (1921) を発表,22~25年早稲田大学ロシア文学科聴講生となった。 23年志賀直哉をたずねて以来,師事することとなり,志賀の紹介による『家』 (24) ,『光子』 (26) で認められた。寡作だが地道な精進を続け,母の情事による離別,3人の義母,弟妹縁者の死,自身の離婚などの重なる不幸を素材に,諦観を秘めた率直な感慨を重く乾いた文体で綴った『金の』 (47) で女流文学者賞を,『さくらの花』 (61) で女流文学賞芸術選奨を受けた。ほかに『ひとり暮し』 (59) ,『ゆれる葦』 (61~63) などがある。 68年日本芸術院賞受賞。芸術院会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「網野菊」の解説

網野菊 あみの-きく

1900-1978 大正-昭和時代の小説家。
明治33年1月16日生まれ。志賀直哉(なおや)に師事,大正15年「光子」を刊行。結婚,離婚をへて,昭和15年「汽車の中で」でカムバックした。私小説を中心に発表し,37年「さくらの花」で女流文学賞と芸術選奨,43年「一期一会(いちごいちえ)」で読売文学賞。同年芸術院賞。44年芸術院会員。昭和53年5月15日死去。78歳。東京出身。日本女子大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「網野菊」の解説

あみの‐きく【網野菊】

小説家。東京生まれ。志賀直哉に師事し、大正一五年(一九二六)短編集「光子」で文壇に登場。身辺に材を求めた私小説が多い。「一期一会(いちごいちえ)」「ゆれる葦」など。明治三三~昭和五三年(一九〇〇‐七八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android