コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網野菊 あみのきく

4件 の用語解説(網野菊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網野菊
あみのきく

[生]1900.1.16. 東京
[没]1978.5.15. 東京
小説家。 1920年日本女子大学英文科卒業。 21年から同校で英語を教え,短編『蕎麦の種子』 (1921) を発表,22~25年早稲田大学ロシア文学科聴講生となった。 23年志賀直哉をたずねて以来,師事することとなり,志賀の紹介による『家』 (24) ,『光子』 (26) で認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

網野菊 あみの-きく

1900-1978 大正-昭和時代の小説家。
明治33年1月16日生まれ。志賀直哉(なおや)に師事,大正15年「光子」を刊行。結婚,離婚をへて,昭和15年「汽車の中で」でカムバックした。私小説を中心に発表し,37年「さくらの花」で女流文学賞と芸術選奨,43年「一期一会(いちごいちえ)」で読売文学賞。同年芸術院賞。44年芸術院会員。昭和53年5月15日死去。78歳。東京出身。日本女子大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

あみのきく【網野菊】

1900~1978) 小説家。東京生まれ。日本女子大卒。志賀直哉に師事。「光子」「金の棺」などの私小説を発表。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網野菊
あみのきく
(1900―1978)

小説家。明治33年1月16日東京に生まれる。千代田高等女学校在学中から文才を認められ、1920年(大正9)日本女子大学校専門学校(現、日本女子大学)英文科卒業の年、短編集『秋』をまとめた。また、早稲田(わせだ)大学露文科に聴講生として在籍。1923年志賀直哉(なおや)を訪ね、以後、一貫して志賀に師事。1926年志賀の世話で『光子(みつこ)』を刊行。その作風は、生き別れた実母、3人の義母、破婚の経験などを描いた私小説に徹し、ことに第二次世界大戦後、『憑(つ)きもの』(1946)、『金の棺(ひつぎ)』(1947)などにより、その重厚さが評価された。代表的な作品集に『汽車の中で』(1940)、『さくらの花』(1961)、『ゆれる葦(あし)』(1964)、『一期一会』(1967)など。1970年芸術院会員。昭和53年5月15日没。[保昌正夫]
『『網野菊全集』全三巻(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網野菊の関連キーワード伊藤人誉大泉黒石衣巻省三小島勗榊山潤諏訪三郎寺崎浩寺本忠雄納言恭平美川きよ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone