ギャロップ

デジタル大辞泉プラス「ギャロップ」の解説

ギャロップ

ゲームソフト、アニメ「ポケットモンスター」シリーズに登場するキャラクター。ひのうまポケモン、「ほのお」タイプ、高さ1.7m、重さ95.0kg。特性は「にげあし」「もらいび」、かくれ特性は「ほのおのからだ」。進化前は「ポニータ」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ギャロップ」の解説

ギャロップ

〘名〙 (gallop) 乗馬で、馬が一歩ごとに足四本全部を地面からはなす走法。最も速いけ方。疾駆(しっく)
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉六「北四川路から江湾(キャンワン)の方までギャロップして来るんだよ」

ギャロップ

〘名〙 (galop) 舞曲の形式の一つ。二または四拍子の速い曲で、ステップ、ホップを繰り返しながら輪になって踊る。ドイツに起こり、一九世紀中期に流行。〔モダン辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ギャロップ」の解説

ギャロップ(galop)

二拍子または四拍子で跳躍の動作がはいる輪舞。また、その曲。19世紀中ごろに流行。ガロップ

ギャロップ(gallop)

馬術競馬で、最も速い走り方。襲歩しゅうほ駆歩くほ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android