コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュンテキン ギュンテキン Güntekin, Resat Nûrî

2件 の用語解説(ギュンテキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギュンテキン
ギュンテキン
Güntekin, Resat Nûrî

[生]1892.11.25. イスタンブール
[没]1956.12.7. ロンドン
トルコの大衆小説家。 1912年イスタンブール大学文学部卒業。作品は口語調の読みやすい文章で綴られていて,都市や農村の社会問題を取上げたものが多い。小説『みそさざい』 Çalı Kuşu (1922) はいまなおトルコ人に広く愛読されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギュンテキン
ぎゅんてきん
Resat Nr Gntekin
(1889―1956)

トルコの小説家、劇作家。イスタンブール大学卒業。国語教師や文部省の役人を経て、国会議員を務めた。オスマン帝国末期の風俗を描いた代表作『ミソサザイ』(1922)は、大衆に親しまれている小説である。また、戯曲『落葉』(1930)も繰り返し上演されている。平易な文体と、ロマンチックな作風で知られる。ゾラやカーライルなど、ヨーロッパ文学の翻訳も多い。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギュンテキンの関連キーワードイスタンブールコンスタンチノープルウエスタンブーツイスタンブール宣言ウエスタンブロット法スタンバ・るイスタンブールユーラシアマラソンキリンブラウマイスタースタンブール特急イスタンブル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone