コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョリュウ Tamarix chinensis; tamarisk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギョリュウ
Tamarix chinensis; tamarisk

ギョリュウ科の落葉高木で中国原産。大きなものは 6mほどにもなる。日本には江戸時代中期に観賞用として伝えられた。葉は小さな針形で枝をおおい,多数が重なり合って互生する。一見針葉樹のようにみえる。花は春と夏の2度咲く。春の花は古い枝に咲き,実をつけないが,夏の花は新しい枝に咲き,春の花よりやや小型で結実する。花は淡紅色で,萼片花弁も5枚ずつあり,5本のおしべが花の外へ長く突出する。めしべ先端は3つに分れ,種子には多数の毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギョリュウ

タマリスク。ギョリュウ科の落葉小高木。モンゴル〜中国の乾燥地帯の原産で,日本には江戸中期に渡来。観賞用に植えられる。小枝は糸のように細い。葉は緑色で小さく針形で先はとがり,枝をおおって重なり合う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギョリュウ【Chinese tamarisk】

タマリクスともいう(イラスト)。水辺の湿った所に栽植され,高さ7mに達することもあるギョリュウ科の落葉低木あるいは小高木。枝は細く,時にはヤナギのように垂れ,披針形で長さ0.5~1cmの鱗片状の葉を多数つける。細い枝は落葉時に共に枯れ落ちる。花期晩春と,夏から秋にかけての2回で,総状花序に淡桃色の花が多数群がりつき,離れて見ると美しいし,春の明るい新芽や青緑色の夏のけむるような樹冠も優しい美しさがあり,切花や庭園樹として栽植される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギョリュウ
ぎょりゅう / 御柳・
[学]Tamarix chinensis Lour.

ギョリュウ科の落葉小高木。高さ3~5メートル。枝は多数分枝し、小枝は糸のように細い。葉は互生し、長さ1~3ミリメートルで小さく、針形の鱗状(りんじょう)葉である。秋には黄葉して小枝とともに落ちる。サツキギョリュウともよばれ、春と夏に二度花が開き、淡紅色の小花が穂状に密集する。5月ごろに出る花序は古い枝につき、花弁、萼片(がくへん)、雄しべはそれぞれ5で、雄しべは外に突出し、花柱は3裂する。夏の花よりやや大きいが、結実しない。8~9月に出る複総状花序は小枝の先につく。花がやや小さいが、結実する。果実は(さくか)で10月ごろ熟し、種子は小さくて冠毛がある。中国原産で寛保(かんぽう)年間(1741~43)に渡来し、日本各地の庭園、公園に栽培され、水辺の風致樹によい。水湿地でよく育ち、やや乾燥地でも育つ。潮水、潮風の害にやや強いので、海岸の埋立地に植えられる。繁殖は実生(みしょう)または挿木による。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギョリュウの関連キーワードレプトスペルマムギョリュウバイヒース(植物)南三陸(町)モクマオウ科タマリスクモクマオウミリカリアサハラ砂漠タマリクス小林義雄ウズボイ南三陸町カルーナ硬葉樹林三春柳魚竜類マンナ木麻黄ヒース

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android