コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンバイカ common myrtle

世界大百科事典 第2版の解説

ギンバイカ【common myrtle】

アラビアやヨーロッパではミルテの名で古くから知られているフトモモ科樹木祝の木(いわいのき)とも称され,結婚式の花輪にされるほかに,花木として庭園に植えられ,切花にも利用される。葉と果実が香るので,酒や食物の香付けや香水の原料ともなる。原産地中近東から地中海地方。常緑低木で高さ3mくらい,は多く出てよく茂り,樹形は自然に整う。葉は披針形で先はとがり長さ4cmくらい,濃緑色で光沢があり革質,対生して枝に密につく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ギンバイカの関連キーワードアラビア銀香梅ポプラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギンバイカの関連情報