コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギース ギース Guys, Constantin

3件 の用語解説(ギースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギース
ギース
Guys, Constantin

[生]1802/1805. ブリシンゲン
[没]1892.12.13. パリ
オランダ生れのフランスの画家。ジャーナリスティックな漫画家,コミック挿絵画家として有名。本名は Ernest Adolphe Hyacinthe Guys。少年時代ギリシアの独立戦争に従軍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギース【Constantin Guys】

1805‐92
フランスの水彩画家,挿絵画家。オランダのフレッシンゲンに生まれる。18歳の時,G.G.バイロンギリシア独立戦争義勇軍に参加し,次いでフランス竜騎兵隊に加わってヨーロッパ各地やオリエントに足をのばし,クリミア戦争に際しては《イラストレーテッド・ロンドン・ニューズ》の従軍記者として,戦争や異国の情景の挿絵を手がける。イギリスの水彩画家ガーティンから影響を受けた軽く素早いタッチは,友人の写真家ナダールをして〈われわれより前に早焼写真instantanéを発明した〉と言わしめ,C.ボードレールは,流行の服の男女,娼家,ロンドン生活など,現代風俗をとらえる洒脱な感覚をたたえて,《現代風俗の画家Le peintre de la vie moderne》(1863)という題名のギース論を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギース
ぎーす
Constantin Guys
(1802―1892)

フランスの画家。オランダのフレッシングに生まれる。生い立ちについては正確には不明。青年期、ギリシアの独立戦争に参加、ついでフランス竜騎兵連隊に勤務。除隊後ロンドンに行く。1828年『イラストレイテッド・ロンドン・ニューズ』の創設に参加、その後、同紙のために働く。48年の革命時のニュースをはじめ、その後の各地の旅行で得たスケッチを同紙の挿絵として送り続ける。クリミア戦争にも取材。ロンドンやパリの都市生活、娼婦(しょうふ)、社交界、ペストの流行など、あらゆる現代生活を、素描と水彩で生き生きととらえる彼の作品は、ボードレールに称揚され、『現代生活の画家』(1863)で取り上げられ、印象派の画家にも影響を与えた。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギースの関連キーワードオランドオランダ渡りダッチ挿絵画家オランダの罠糸杉のある道オランダの犯罪ぶらんこの絶好のチャンス陽気な酒飲みローランドソン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギースの関連情報