コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイックサンド quicksand

翻訳|quicksand

デジタル大辞泉の解説

クイックサンド(quicksand)

砂質の土砂が、浸透水の上昇流によって液体様の状態になる現象。また、その土流砂現象。→液状化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クイックサンド

浸透水の上昇流の影響によって砂が液体に似た状態になる現象。掘削工事で掘削部分だけを排水しながら深く掘り進んだ場合のほか,地震によって,砂の間隙を満たしていた水が砂の粒子の間を地上へ向かって押し出されるときに生じることがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クイックサンド【quicksand】

砂が浸透水の上昇流の影響で液体に似た状態となる現象。地下深く掘削する工事のとき,矢板などで周囲の地下水を遮断しながら掘削個所だけを排水しつつ掘り進むと,周りの地下水の圧力で掘削底面から地下水が上昇流として勢いよく出てくるようになり,そのとき,掘削底面の砂がクイックサンド状態となって,事故を起こす原因となることがある。それを防ぐためには,周辺の地下水もある程度排水して,掘削底面からの浸透水の勢いを下げればよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クイックサンド【quicksand】

地下水などの上向きに浸透する水の圧力により、砂地盤がわき上がる液体に似た状態となる現象。地盤は不安定になり支持力を失う。また、その土砂。流砂。地盤液化。 → 液状化流砂現象

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クイックサンド
くいっくさんど
quicksand

粒径の細かい砂が、上向きの浸透流を受けて沸き立った液体のような状態になること。水流の圧力の強さがある限度以上になったときに生ずるが、この限度は砂の比重と締まりぐあいによって異なる。クイックサンド現象がおこると、地盤は支持力を失って不安定になる。地震時に砂地盤に生ずる液状化破壊も、地震による一時的な地下水圧の上昇によるもので、1964年(昭和39)新潟地震の際などに広範囲にわたって発生した。[赤井浩一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クイックサンドの関連キーワードチキソトロピー液状化現象地盤液化揺変性噴砂

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android