コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイーン・モード・ランド Queen Maud Land

世界大百科事典 第2版の解説

クイーン・モード・ランド【Queen Maud Land】

南極大陸中,西経20゜から東経45゜の範囲。ノルウェー国王ホーコン7世の皇后の名により,イギリスではノルウェー名を尊重し,ドロンニン・モード・ランドDronning Maud Landという。ノルウェーが領土権を主張している。1820年にロシアのF.F.ベリンスガウゼン(F.G.vonベリングスハウゼンともいう)が沖合から大陸を望見したといわれているが,1930年代にノルウェーの捕鯨関係者が捕鯨権益の保護と新陸地の発見に従事し,この陸地一帯に当時のノルウェー皇族名をつけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クイーン・モード・ランドの関連キーワードプリンセスアストリッド海岸プリンセスラグンヒルド海岸ドローニングモードランドノボラザレフスカヤ基地プリンス・ハラルド海岸プリンセスマーサ海岸プリンスハラルド海岸プリンス・オラフ海岸エンダビー・ランドエンダービーランドリュツォ・ホルム湾プリンスオラフ海岸リュツォホルム湾ドームふじ基地あすか観測拠点セロンダン山脈ボツンヌーテンコーツ・ランドウエッデル海ウェッデル海