コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪上車(読み)セツジョウシャ

百科事典マイペディアの解説

雪上車【せつじょうしゃ】

氷雪上を走行できる特殊な自動車。接地圧を低くするため,軽く幅の広いキャタピラを備えている。車体も極力軽量化してある。積雪地での輸送に使用される。小型で前部そり,後部にキャタピラを備えた1〜2人乗りのものはスノーモービルという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せつじょうしゃ【雪上車 snow vehicle】

積雪上を走行するための特殊車両で,人員や物資運搬山林等の警備保安,レジャーなどに使用されるほか,軍用として兵員や資材の輸送,偵察,指揮連絡,火砲弾薬等を積載した(そり)の牽引などに使用される。積雪上は通常の地面に比べて軟らかいので,積雪上を走行するためには,雪面と車両とが接する部分の圧力(接地圧)を非常に低くする必要がある。このため車体を軽量に作るとともに,接地面積をできるだけ広くするよう特殊な推進方式がとられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せつじょうしゃ【雪上車】

キャタピラをつけ、雪原や氷原を進めるようにした車。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪上車
せつじょうしゃ
snow vehicle

普通の自動車では走れない雪上を走行する自動車の総称。接地面積の比較的小さい通常の車輪は、新雪には埋まってしまって前進できないし、アイスバーン上では空転のため前進できず、ステアリング(操向)、ブレーキともに効かない。そこで多くの雪上車はクローラー(無限軌道。以前はキャタピラーとよばれていた)を装着している。原動機は寒冷地でも扱いやすいディーゼルエンジンが多い。用途としては極地探検のほか、積雪地での人員・物資の輸送、連絡などがある。日本では1956年(昭和31)の南極観測用に製造されたのが最初である。
 このほかオートバイの前輪をスキーに、後輪をクローラーに変えた、1人または2人乗りのスノーモビルもあり、積雪地での連絡やスポーツに用いられている。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪上車の関連情報