コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪上車 セツジョウシャ

デジタル大辞泉の解説

せつじょう‐しゃ〔セツジヤウ‐〕【雪上車】

雪や氷の上を走行できるように、キャタピラーを装備した特殊車両。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雪上車【せつじょうしゃ】

氷雪上を走行できる特殊な自動車。接地圧を低くするため,軽く幅の広いキャタピラを備えている。車体も極力軽量化してある。積雪地での輸送に使用される。小型で前部そり,後部にキャタピラを備えた1〜2人乗りのものはスノーモービルという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せつじょうしゃ【雪上車 snow vehicle】

積雪上を走行するための特殊車両で,人員や物資運搬山林等の警備保安,レジャーなどに使用されるほか,軍用として兵員や資材の輸送,偵察,指揮連絡,火砲弾薬等を積載した(そり)の牽引などに使用される。積雪上は通常の地面に比べて軟らかいので,積雪上を走行するためには,雪面と車両とが接する部分の圧力(接地圧)を非常に低くする必要がある。このため車体を軽量に作るとともに,接地面積をできるだけ広くするよう特殊な推進方式がとられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せつじょうしゃ【雪上車】

キャタピラをつけ、雪原や氷原を進めるようにした車。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪上車
せつじょうしゃ
snow vehicle

普通の自動車では走れない雪上を走行する自動車の総称。接地面積の比較的小さい通常の車輪は、新雪には埋まってしまって前進できないし、アイスバーン上では空転のため前進できず、ステアリング(操向)、ブレーキともに効かない。そこで多くの雪上車はクローラー(無限軌道。以前はキャタピラーとよばれていた)を装着している。原動機は寒冷地でも扱いやすいディーゼルエンジンが多い。用途としては極地探検のほか、積雪地での人員・物資の輸送、連絡などがある。日本では1956年(昭和31)の南極観測用に製造されたのが最初である。
 このほかオートバイの前輪をスキーに、後輪をクローラーに変えた、1人または2人乗りのスノーモビルもあり、積雪地での連絡やスポーツに用いられている。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雪上車の関連キーワードボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機キャタピラー(無限軌道)クイーンモードランド南極観測隊と樺太犬コロンビア大氷原ボンバルディアコロンビア氷原アサバスカ氷河スノーモビルオフローダーヤマハ発動機林業用機械到達不能極林業機械玉川温泉機械遺産平尾収サーミ氷原雪原

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪上車の関連情報