コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クキバチ クキバチCephidae; stem sawfly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クキバチ
Cephidae; stem sawfly

膜翅目クキバチ科の昆虫総称。体長 10mm内外の種が多い。体は細長く,腹部は円筒形またはやや側圧され,胸部との間にくびれがなく円筒状に連結している。前胸背板後縁はほぼ直線状。産卵管は腹端から後方に突出する。幼虫は植物の細い茎や若枝などに穿孔し,これを食害する。バラクキバチ Syrista similisは最も普通にみられる種で体長 14mm内外,体色は雌雄で異なり,雄は黒色で顔面と各背板の両縁が黄色であるが,雌は腹部の中央部背面が赤色で,複眼内縁,第1腹背板の裸出部,第1,6腹背板の両側縁などが黄色である。翅は透明。幼虫はバラの害虫で,新梢内部を食害する。北海道,本州,四国,九州,中国に分布する。日本にはほかにクロバクキバチ Cephus nigripennis,モンクキバチ Janus japonicus,アカガシクキバチ J. kashivorusなど約 10種が知られているが,いずれもその数は少い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クキバチ

膜翅(まくし)目クキバチ科の昆虫の総称。原始的なハチ類で,体は細長く,15mm内外の種類が多い。腹の基部はくびれがなく,雌の産卵管は短く太い。ユーラシア北アメリカの温帯地方に数十種,日本には約10種類いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クキバチ
くきばち / 茎蜂
stem sawflies

昆虫綱膜翅(まくし)目広腰亜目クキバチ科Cephidaeの昆虫の総称。この科のハチは後胸の膜状部を欠く特異な形態をもつので、本科だけでクキバチ上科Cephoideaを形成する。世界で約100種が知られ、日本には6属11種が記録されている。一般に若い茎や新しい梢(こずえ)の組織中に産卵し、幼虫はその中に穿孔(せんこう)する。バラにはバラクキバチが、サンゴジュにはモンクキバチが加害するが、これらは産卵の際、植物の表皮を鋸(のこぎり)状の産卵管で切断するので、先端がしおれて枯れてしまう。この場合には孵化(ふか)幼虫はしおれたほうに穿孔し、中齢以降になり枝の中心部を基部に向かって穿孔するようになる。越冬は茎の基方で行われ、薄い膜状の繭の中で前蛹(ぜんよう)態で過ごす。羽化2週間くらい前に蛹化する。成虫は幼虫の孔道を通り外へ出る。バラには別種のオオバラクキバチが加害するが、モンクキバチは芽を枯らすことがない。ヨーロッパや北アメリカに産するコムギクキバチは、ムギ類に大害を与えるので有名であるが、ムギの耐虫性品種の開発によって被害は減少した。[奥谷禎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クキバチの関連キーワードSyrista similisクキバチ(茎蜂)アカガシクキバチハバチ(葉蜂)バラ(薔薇)ハチ(昆虫)ハチ(蜂)薔薇茎蜂黒翅茎蜂赤樫茎蜂ハバチ紋茎蜂茎蜂

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android