コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クキバチ クキバチ Cephidae; stem sawfly

3件 の用語解説(クキバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クキバチ
クキバチ
Cephidae; stem sawfly

膜翅目クキバチ科の昆虫の総称。体長 10mm内外の種が多い。体は細長く,腹部は円筒形またはやや側圧され,胸部との間にくびれがなく円筒状に連結している。前胸背板後縁はほぼ直線状。産卵管は腹端から後方に突出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クキバチ

膜翅(まくし)目クキバチ科の昆虫の総称。原始的なハチ類で,体は細長く,15mm内外の種類が多い。腹の基部はくびれがなく,雌の産卵管は短く太い。ユーラシア北アメリカの温帯地方に数十種,日本には約10種類いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クキバチ
くきばち / 茎蜂
stem sawflies

昆虫綱膜翅(まくし)目広腰亜目クキバチ科Cephidaeの昆虫の総称。この科のハチは後胸の膜状部を欠く特異な形態をもつので、本科だけでクキバチ上科Cephoideaを形成する。世界で約100種が知られ、日本には6属11種が記録されている。一般に若い茎や新しい梢(こずえ)の組織中に産卵し、幼虫はその中に穿孔(せんこう)する。バラにはバラクキバチが、サンゴジュにはモンクキバチが加害するが、これらは産卵の際、植物の表皮を鋸(のこぎり)状の産卵管で切断するので、先端がしおれて枯れてしまう。この場合には孵化(ふか)幼虫はしおれたほうに穿孔し、中齢以降になり枝の中心部を基部に向かって穿孔するようになる。越冬は茎の基方で行われ、薄い膜状の繭の中で前蛹(ぜんよう)態で過ごす。羽化2週間くらい前に蛹化する。成虫は幼虫の孔道を通り外へ出る。バラには別種のオオバラクキバチが加害するが、モンクキバチは芽を枯らすことがない。ヨーロッパや北アメリカに産するコムギクキバチは、ムギ類に大害を与えるので有名であるが、ムギの耐虫性品種の開発によって被害は減少した。[奥谷禎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クキバチの関連キーワード小蜂似我蜂土蜂葉切蜂葉蜂姫蜂鼈甲蜂飴蜂姫花蜂クキバチ(茎蜂)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone