コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサスギカズラ

2件 の用語解説(クサスギカズラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クサスギカズラ

本州〜沖縄,台湾などの海辺の草地にはえるユリ科の多年草アスパラガスの一種として,観賞用に栽植もされる。茎はつる性で1〜2mとなり,葉状枝は緑色線形で長さ1〜2cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサスギカズラ
くさすぎかずら
[学]Asparagus cochinchinensis (Lour.) Merr.

ユリ科の多年草。根茎は短く、多数の肥厚した根をつける。茎は細く、高さ1~2メートルで、ややつる状となる。葉は退化して膜質の鱗片(りんぺん)となり、そのわきから長さ1~2センチメートル、緑色で光沢のある線形の葉状枝を出す。花は関節のある短い花柄の先につき、淡黄緑色、径約6ミリメートル。根はかつて砂糖漬けにして食用とされた。静岡県以西の本州、四国、九州、沖縄、中国の海岸に生育する。[河野昭一]

薬用

多数の不定根の先のほうが長さ4~15センチメートルの紡錘状に膨らんだ部分を集め、水洗後に熱湯に浸し、皮を除き、硫黄(いおう)で燻蒸(くんじょう)して乾燥したものを天門冬(てんもんどう)といい、漢方で、鎮咳(ちんがい)、緩和、強壮剤として用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクサスギカズラの言及

【アスパラガス】より

…旧世界の熱帯~温帯に約150種を産するユリ科の多年草の1属(和名クサスギカズラ属)で,茎はときには木本化する。葉は通常退化的で鱗片状となり,光合成は緑色の短縮した小枝(仮葉)が行う。…

※「クサスギカズラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クサスギカズラの関連キーワードタブノキムツヨモギ沖を越える転地内地フキヤマモモヨメナ湿草地泥炭

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone