コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサントス=レトーン

百科事典マイペディアの解説

クサントス=レトーン

トルコの地中海沿岸の都市アンタルヤ近くにある古代リュキアの都市遺跡。クサントスにはローマ時代の劇場,ビザンティンの教会,前7世紀の住居などの遺構が残る。リュキア独特の神殿型や家型,角柱型をした建築墓の遺跡もある。レトーンは女神レトをまつった聖域で,ローマ時代の建物のほかギリシアの神殿や劇場の跡も残る。アラム語,ギリシア語,リュキア語の3言語で書かれた碑文も出土。1988年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android