クサントス-レトーン(読み)クサントスレトーン

世界遺産詳解の解説

クサントスレトーン【クサントス-レトーン】

1988年に登録された世界遺産(文化遺産)。クサントスとレトーンはそれぞれトルコ南部の町で、海洋民族リュキア人の古代都市遺跡がある。地中海に面し商業で発展したが、ペルシア、マケドニア、ギリシア、ローマに侵略され、最後のローマの攻撃で壊滅した。古代ギリシア人やローマ人がクサントスについて書き残しており、往時の動静が今に伝えられる。クサントス-レトーンにはローマ時代の遺構なども残されており、劇場、教会、葬祭塔、神殿などの遺跡がある。古代の文化や文明の姿を知る手がかりが残されていることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はXanthos-Letoon

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android