コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クビキリギス クビキリギス Euconocephalus thunbergii

4件 の用語解説(クビキリギスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クビキリギス
クビキリギス
Euconocephalus thunbergii

直翅目キリギリス科。中型のキリギリスの1種。体長 (翅端まで) 60mm内外。頭頂は上から見ると,三角形に突出している。緑色型と褐色型があるが,ときに紅化型も現れる。大顎は赤みがかり,口部が赤らんで見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クビキリギス

直翅(ちょくし)目キリギリス科の昆虫の1種。細長く,体長(翅端まで)60mm内外,緑色または茶色,まれに紅色のものがある。本州以南〜東南アジアに広く分布。成虫は8〜9月に現れ,成虫で越冬し翌年7月ころまで見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クビキリギス【Euconocephalus thunbergi】

直翅目キリギリス科の昆虫。頭の先が円錐形にとがる中型で細身のキリギリスの仲間。5月ころの蒸し暑い日の夜,ジーンと鳴き出し,その鳴声は遠くからでもよく聞こえる。子どもはこの虫をとらえ,着物などにかみつかせて遊ぶ。かみついたとき引っぱると,首がちぎれても離さないところから,〈クビキリ〉の名がでた。本州以南に分布し,草の間にすむ。体長35mm内外,翅端までは60mm内外。緑色型と褐色型の2型があり,ときに紅褐色のものも見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クビキリギス
くびきりぎす / 頸螽
[学]Euconocephalus thunbergi

昆虫綱直翅(ちょくし)目キリギリス科に属する昆虫。頭部が円錐(えんすい)形の中形で、細形のキリギリス。雄は5月ごろの暑い日から初夏にかけ、夜間樹上でジーンと遠くからでもよく聞こえる連続音を出して鳴く。頭頂から翅端まで57~65ミリメートル。体長は35ミリメートル内外。緑色型と淡褐色型がある。頭頂は前方へ突き出るが、上からみると放物線状にみえる。複眼は楕円(だえん)形で小形。前胸背は平たく、側葉肩部はややえぐれる。前翅は長く、42~47ミリメートルある。後ろ脚(あし)の脛節(けいせつ)は暗色にならない。雄の尾角は内方へ直角に曲がり、内側にも1本棘(とげ)がある。産卵管は剣状で長く基部付近で狭いが、先に向かうにつれて幅広くなり、ふたたびすこしずつ狭くなっていく。本州、四国、九州に分布する。夏の間、幼虫で過ごし、10月ごろに成虫となる。そのまま草の間などで越冬し、翌年5月ごろから活動を始める。近似種に小笠原(おがさわら)諸島や本州南岸以南、東洋の熱帯に分布するオガサワラクビキリギスE. pallidusがある。頭頂や前翅端はより鋭いが、ほかはクビキリギスとよく似ていて区別しにくい。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クビキリギスの関連キーワードササキリ螽蟖草螽蟖轡虫首切螽蟖藪螽蟖ころぎすセスジツユムシキリギリス(螽蟖)クダマキモドキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クビキリギスの関連情報