コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クビチェック Kubitschek de Oliveira, Juscelino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クビチェック
Kubitschek de Oliveira, Juscelino

[生]1902.9.12. ミナスジェライス
[没]1976.8.22. リオデジャネイロ近郊
ブラジルの医師,政治家。 1933年政界に入り,34年連邦議会に選出された。 51~55年ミナスジェライス州知事を経て,56~60年大統領をつとめた。「50年を5年で」をスローガンに工業化,奥地開発,新首都ブラジリアの建設を進めた。しかし急激な工業化政策とブラジリア建設などによる赤字財政はインフレを招き,経済困難を深刻化させ,クーデターにより大統領の地位を追われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クビチェック

ブラジルの政治家。1933年バルガス支持派として政界に進出。1955年大統領に当選(―1960年)。新首都ブラジリアの建設に着手し,1960年遷都を実現。〈50年の進歩を5年で〉というスローガンのもとに産業基盤の整備,造船,自動車,製鉄などの基幹産業の育成確立に務め,北東部(ノルデステ)の地域開発機関を創設したが,インフレを悪化させた。
→関連項目ブラジル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クビチェック【Juscelino Kubitschek de Oliveira】

1902‐76
ブラジルの政治家,大統領(1956‐60)。ミナス・ジェライス州ディアマンティナ生れ。ベロ・オリゾンテ市の医学校を卒業,フランスに留学。1933年バルガス支持派として政界に進出し,連邦下院議員,ベロ・オリゾンテ市長,連邦下院議員,ミナス州知事を歴任した。55年の大統領選挙では,バルガスの創立した社会民主党(PSD)とブラジル労働党(PTB)の支持を受けて当選した。就任後新首都ブラジリアの建設に着手し,60年リオ・デ・ジャネイロからの遷都を実現した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クビチェック
くびちぇっく
Juscelino Kubitschek de Oliveira
(1902―1976)

ブラジルの政治家。ミナス・ジェライス州出身。ベロ・オリゾンテ市長、ミナス・ジェライス州知事を経て大統領となる(1956~1961)。アイデア豊かな政治家で、ブラジルの経済開発を進めたが、とくに新首都ブラジリアを内陸の奥地に建設したことで有名。ラテンアメリカの経済開発のためパン・アメリカン・オペレーションを提唱。1964年の軍事クーデターで一時亡命、帰国後実業家となったが、交通事故で死亡した。[加茂雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android