コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマガイソウ

百科事典マイペディアの解説

クマガイソウ

北海道〜九州,アジア北東部の山林や竹やぶなどにはえるラン科の多年草。茎は高さ20〜40cm,上端に2枚の大きな扇形の葉をつける。春,茎頂に花柄をのばし,径10cmに達する淡黄緑色地に紫褐色紋のある花を一つ横向きにつける。
→関連項目シプリペジウムパフィオペディルムラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマガイソウ
くまがいそう / 熊谷草
[学]Cypripedium japonicum Thunb.

ラン科の多年草。根茎は長く横走する。茎は高さ30~40センチメートル、葉は扇形で2枚が対生状につき、長さ10~20センチメートル、縦じわが顕著。花は4、5月、茎頂に1個開き、淡黄緑色、径約8センチメートル、唇弁は袋状で褐色の模様がある。名は、唇弁の形を源平(げんぺい)の戦いに名を残す熊谷直実(くまがいなおざね)の母衣(ほろ)に見立てて、同属のアツモリソウ(平敦盛(あつもり)の母衣に見立てたもの)と対比させたもの。低山の樹林下、とくに竹林などに群生し、北海道南部から九州、朝鮮半島、中国に分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクマガイソウの言及

【アツモリソウ(敦盛草)】より

…北海道,本州(中部以北),さらに朝鮮,中国東北,中国北部,シべリア,カムチャツカ,旧ソ連西部に分布する。 同じ属のクマガイソウC.japonicum Thunb.(イラスト)は花が淡黄緑色。葉が扇状円形で,2個がほぼ対生につく点が特徴である。…

※「クマガイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クマガイソウの関連キーワードアツモリソウ(敦盛草)シプリペディウムパフィオペジラム有限花序大袋花喇叭草布袋草

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマガイソウの関連情報