コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマガイソウ

2件 の用語解説(クマガイソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クマガイソウ

北海道〜九州,アジア北東部の山林や竹やぶなどにはえるラン科の多年草。茎は高さ20〜40cm,上端に2枚の大きな扇形の葉をつける。春,茎頂に花柄をのばし,径10cmに達する淡黄緑色地に紫褐色紋のある花を一つ横向きにつける。
→関連項目シプリペジウムパフィオペディルムラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマガイソウ
くまがいそう / 熊谷草
[学]Cypripedium japonicum Thunb.

ラン科の多年草。根茎は長く横走する。茎は高さ30~40センチメートル、葉は扇形で2枚が対生状につき、長さ10~20センチメートル、縦じわが顕著。花は4、5月、茎頂に1個開き、淡黄緑色、径約8センチメートル、唇弁は袋状で褐色の模様がある。名は、唇弁の形を源平(げんぺい)の戦いに名を残す熊谷直実(くまがいなおざね)の母衣(ほろ)に見立てて、同属のアツモリソウ(平敦盛(あつもり)の母衣に見立てたもの)と対比させたもの。低山の樹林下、とくに竹林などに群生し、北海道南部から九州、朝鮮半島、中国に分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクマガイソウの言及

【アツモリソウ(敦盛草)】より

…北海道,本州(中部以北),さらに朝鮮,中国東北,中国北部,シべリア,カムチャツカ,旧ソ連西部に分布する。 同じ属のクマガイソウC.japonicum Thunb.(イラスト)は花が淡黄緑色。葉が扇状円形で,2個がほぼ対生につく点が特徴である。…

※「クマガイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クマガイソウの関連キーワードウグイ天塩岳東南アジア東アジア網走黒鵐小アジア丹頂山鷸オニユリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマガイソウの関連情報