クライアント・サーバーシステム(読み)くらいあんとさーばーしすてむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライアント・サーバーシステム
くらいあんとさーばーしすてむ

あるコンピュータのプログラムが要求を出し、別のコンピュータ上のプログラムがそれに応答するとき、前者をクライアント、後者をサーバーとよぶ。クライアントプログラムは利用者が手元に置いて使うパソコンに搭載され、サーバープログラムは一般利用者の目に触れないところで稼働するコンピュータに搭載されることが多いので、それぞれのコンピュータをおのおの「クライアント」、「サーバー」とよぶことが一般化している。サーバーにはメールサーバー、ファイルサーバー、ネームサーバーなどがある。メールサーバーは、クライアントから出された送信メールをネットワークに送りだし、またユーザーに送られてきた受信メールを所定のメールボックスに保存してクライアントが読みにきたときに届けるというように、郵便局の役割を果たす。ファイルサーバーは、大量の共通利用ファイルを格納し、クライアントの利用に供するというように、いわば情報の倉庫の役割を果たすものをいう。現在では、多くはWWWサーバーがこの役割を果たす。ネームサーバーはインターネット上の住所名(メールのアドレスや機器名など)をネットワーク上の物理的な所在場所(固有の数で表される)に対応づける機能をもっていて、DNS(ドメイン・ネーム・サーバー)ともよばれる。このサービスによって、たとえば、わかりやすい記号のアドレス名だけを知っていれば、全世界のどこへでもメールを届けることができる。[田村浩一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android