コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウゼウィツ

世界大百科事典 第2版の解説

クラウゼウィツ【Karl Philipp Gottfried Clausewitz】

1780‐1831
プロイセンの軍人,軍事理論家。年少の頃よりドイツ古典哲学を学び,士官養成学校では校長シャルンホルストの深い影響を受ける。対ナポレオン戦争では捕虜体験,参謀将校としての実戦経験を積む。戦後,一般士官学校校長(1818‐30)となり,この頃より戦史,戦争理論の研究に没頭する。ポーランド人の反乱に際し参謀長として派遣され,帰還後ほどなく病没。死後,妻によって遺稿が整理・公刊され,その遺作集10巻の最初の3巻が《戦争論Vom Kriege》(1832‐34)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクラウゼウィツの言及

【戦争】より

…こうして戦争は,他の手段をもってする国家の政策の実行にほかならなくなる。戦争の性格のこの変容を鋭く見抜き,あますところなく分析したのが,この時代を生きたプロイセンの士官クラウゼウィツであり,その《戦争論》(1832‐34)は後世の戦争観に決定的な影響力を与えることになる。 クラウゼウィツの戦争論のもっとも大きな寄与は次の命題の定立であろう。…

【戦略・戦術】より


【概史】
 古代からの軍事戦略にも見るべきものが多いが,近代的な戦略の研究が行われたのは18世紀以降である。戦略論の創始者として著名な人物に,19世紀初期から末期にかけて,ドイツのK.P.G.クラウゼウィツ,スイス人のA.H.ジョミニ,アメリカのA.T.マハン,ドイツのH.G.vonモルトケ,A.vonシュリーフェンらがあげられる。これらの人々は,戦争が武力のみで行われるものでないことは基本理念として当然持っていたが,当時の情勢から,武力戦の戦争における地位を重視して,軍事面を主として論述している。…

【普墺戦争】より

モルトケを中心とする参謀本部の権威は決定的に高まり,後年国王と参謀総長との直結関係(直奏権)の確立の伏線となった。またモルトケはナポレオン戦争の軍事戦略の理論的定式化を行ったクラウゼウィツの《戦争論》を,産業革命の成果と結合させた。それは鉄道や電信・電話の軍事的利用となってあらわれ,普墺戦争の主戦場となったザクセン・ボヘミア方面には,オーストリアの鉄道1本に対して,プロイセンのそれは5本が敷設されていたし,電信・電話による連絡網は,近代的大規模軍隊の統御を容易にした。…

※「クラウゼウィツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クラウゼウィツの関連キーワードモルトケ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android