コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウドソーシング

6件 の用語解説(クラウドソーシングの意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

クラウドソーシング

これまでプロが作っていたことを、不特定多数のクラウド(群衆)が集まって何かを作り上げていくことを指します。
アウトソーシングと似ているけれど、必ずしもプロフェッショナルに依頼するのではないのが特徴です。

以前からソフトウェア開発の世界では、オープンソースという名前でクラウドソーシングが行われてきましたが、現在のクラウドソーシングはソフトウェア開発の分野にとどまらず、多岐にわたります。

クラウドソーシングは、比較的オープンな人的ネットワークに仕事や課題を「発注」「募集」「問い掛け」することで、適切なレベルの知的労働力(コンテンツや知恵)を相対的に安い価格で調達する方法として注目されています。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クラウドソーシング

crowd(群衆)とsourcing(業務委託)の造語。企業は不特定多数の人にネットを介して安価に外注でき、経営効率が上がるとされる。受注側は働く場所や時間に拘束されないため、フリーランスや主婦、退職者など幅広い活用が期待されている。

(2015-09-05 朝日新聞 朝刊 東京南部・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クラウドソーシング(crowdsourcing)

crowd(大衆)とアウトソーシングからの造語》インターネット上で不特定多数の人材に対して業務内容と報酬を提示し、仕事を発注する手法。社外から効率よく人材を募ることができるほか、コンペ形式で発注先を決めることも可能。通常、発注者と受注者はネット上の専用サービスによって仲介される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

クラウドソーシング

企業が自社の業務や問題解決を、インターネットを介して無償もしくは低賃金で参加してくれる社外の不特定多数の人々に委託する手法をクラウドソーシングといいます。専門家や請負業者に外注する従来のアウトソーシングに対して、その分野のプロではない一般の“群集”(crowd:クラウド)の知的労働力を広く調達し、活用するのが特徴です。
(2009/6/22掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

クラウドソーシング

不特定多数の人々に業務委託する雇用形態のこと。画像チェックアイデア発案、ロゴ作製、音楽制作、サイトへのレビュー投稿など多様な場面で活用されている。報酬は、無料(ボランティア)から、時給制、固定給制など多伎にわたる。専門業者に委託するアウトソーシングと違い、雇用側にとって、必ずしも雇用関係を必要としない、低リスクでよりよい品質のものが出来上がる可能性がある、などのメリットがある。インターネットの普及に伴い拡大し、日本ではランサーズ株式会社(2008年創業)、株式会社クラウドワークス(2011年創業)ほか、Craudia、クラウドワークス、CROWDなど次々とサービスが開始されている。

(2013-6-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウドソーシング
くらうどそーしんぐ
crowd sourcing

インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を委託する、アウトソーシングの手法の一つ。群衆crowdと業務委託sourcingを組み合わせた造語である。官公庁や大企業などは賞状や招待状の宛名(あてな)書きなど総務作業の一部を内職に委託しているが、インターネットを活用することで、より広範な部門で業務委託ができるようになる。企業にとっては、低コスト、短期間で成果が得られるメリットがある。クラウドソーシングに適した業務としては、日本語で書かれた取扱い説明書の翻訳作業、就職活動を行う学生のためのパンフレット制作、新商品プロモーションのためのウェブサイト構築、イラストやロゴの制作、などがある。受託する側にとっても、自宅で都合のいいときにエントリーして、得意な仕事だけを選んで行えるメリットがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウドソーシングの関連キーワードデプロイメントレンタル在来其れ迄特定物何くれ不特定不特定物此れ迄デプロイ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラウドソーシングの関連情報