コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラシツキ クラシツキ Krasicki, Ignacy

3件 の用語解説(クラシツキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラシツキ
クラシツキ
Krasicki, Ignacy

[生]1735.2.3. ドゥビェツコ
[没]1801.3.14. ベルリン
ポーランドの詩人。カトリック大司教。散文『ミコワイ・ドシフィアッチンスキの冒険』 Mikołaja Doświadczyńskiego przypadki (1776) はポーランド最初の近代小説とされ,国民的啓蒙文学の確立に大きな役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラシツキ【Ignacy Krasicki】

1735‐1801
ポーランド啓蒙主義時代を代表する文人。スタニスワフアウグスト王,またプロイセンフリードリヒ大王と親交があった。聖職者でありながら(晩年,大司教),鋭い観察力をもって僧俗を共に批判する作品や先駆的な冒険小説を書いた。代表作は韻文による《寓話集》《諷刺集》(ともに1779),散文による《ミコワイ・ドシフィアッチンスキの冒険》(1776),《ポツストリ氏》(1798)など。【関口 時正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラシツキ
くらしつき
Ignacy Krasicki
(1735―1801)

ポーランド啓蒙(けいもう)期の詩人、小説家。没落した伯爵家の生まれで、牧師となり、1795年からはグニェズノ大司教となった。古代文学とフランス古典主義を受け継ぐ作風はとくに明快で、構成も緻密(ちみつ)である。コミカルな物語詩や風刺詩ではポーランド士族の習慣が暴かれている。『ミコワイ・ドシビャトチンスキの冒険』(1776)は風俗・冒険小説にユートピア的要素を結び付けたポーランド近代小説の最初の作品であり、また『パン・ポドストーリ』(1778)は風俗誌的な教訓小説である。ほかに『寓話(ぐうわ)とたとえ話』(1779)などがあり、ポーランド文語の発展に貢献した。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラシツキの関連キーワードポーランド記法旗艦ブランドサルマティズムポーランド回廊ポーランド統一労働者党阪東宏オジェシュコバ啓蒙主義啓蒙主義的個人主義スコットランド啓蒙主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone