コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラシツキ Krasicki, Ignacy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラシツキ
Krasicki, Ignacy

[生]1735.2.3. ドゥビェツコ
[没]1801.3.14. ベルリン
ポーランドの詩人。カトリック大司教。散文『ミコワイ・ドシフィアッチンスキの冒険』 Mikołaja Doświadczyńskiego przypadki (1776) はポーランド最初の近代小説とされ,国民的啓蒙文学の確立に大きな役割を果した。古代詩とフランス古典主義を受継ぐその詩は,優雅なスタイル,美しく明快な言葉で綴られている。詩の代表作は『寓話とたとえ話』 Bajki i przypowieści (79) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラシツキ【Ignacy Krasicki】

1735‐1801
ポーランド啓蒙主義時代を代表する文人。スタニスワフ・アウグスト王,またプロイセンのフリードリヒ大王と親交があった。聖職者でありながら(晩年,大司教),鋭い観察力をもって僧俗を共に批判する作品や先駆的な冒険小説を書いた。代表作は韻文による《寓話集》《諷刺集》(ともに1779),散文による《ミコワイ・ドシフィアッチンスキの冒険》(1776),《ポツストリ氏》(1798)など。【関口 時正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラシツキ
くらしつき
Ignacy Krasicki
(1735―1801)

ポーランド啓蒙(けいもう)期の詩人、小説家。没落した伯爵家の生まれで、牧師となり、1795年からはグニェズノ大司教となった。古代文学とフランス古典主義を受け継ぐ作風はとくに明快で、構成も緻密(ちみつ)である。コミカルな物語詩や風刺詩ではポーランド士族の習慣が暴かれている。『ミコワイ・ドシビャトチンスキの冒険』(1776)は風俗・冒険小説にユートピア的要素を結び付けたポーランド近代小説の最初の作品であり、また『パン・ポドストーリ』(1778)は風俗誌的な教訓小説である。ほかに『寓話(ぐうわ)とたとえ話』(1779)などがあり、ポーランド文語の発展に貢献した。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラシツキの関連キーワードポーランド文学2月3日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android