コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラムスコイ クラムスコイKramskoi, Ivan Nikolaevich

4件 の用語解説(クラムスコイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラムスコイ
クラムスコイ
Kramskoi, Ivan Nikolaevich

[生]1837. オストロゴージスク
[没]1887
ロシアの肖像画の巨匠。イリヤ・E.レーピンの師。貧しい一般家庭に生まれる。サンクトペテルブルグ美術アカデミーに学んだが,そのアカデミズムに抗し卒業制作を拒否して退学。移動展派を結成してリアリズムを主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クラムスコイ

ロシアの画家。オストロゴジスク生れ。1864年ペテルブルグのアカデミーを退学し,反アカデミズムを唱えて1871年〈移動展派Peredvizhniki〉を組織。リアルな描写とモニュメンタルな構図を融合し,《荒野のキリスト》(1872年,モスクワトレチヤコフ美術館蔵),《L.N.トルストイの肖像》(1876年,同美術館蔵)などを制作。
→関連項目トレチヤコフ美術館レビタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラムスコイ【Ivan Nikolaevich Kramskoi】

1837‐87
ロシアの画家。オストロゴジスク市に生まれる。移動展派の設立者の一人。宗教,哲学,詩に題材を借り,また社会の不正に悩む19世紀後半のロシア人を描く。壮大な構図と写実的な表現による大作《荒野のキリスト》(1871)や,《L.N.トルストイ》《N.A.ネクラーソフ》の肖像画は秀作。1870年代に描かれた農民をテーマとする一連の肖像画は,内面的な輝きをみせる。レーピンに大きな影響を与えた。【浜田 靖子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラムスコイ
くらむすこい
Иван Николаевич Крамской Ivan Nikolaevich Kramskoy
(1837―1887)

19世紀ロシア美術を代表する画家の一人。貧しい町人階級の出で、若いころは写真師のもとで修正の仕事なども手がけ、のちペテルブルグの美術アカデミーに学んだ。しかし、当時のアカデミズムに反発して、移動展に積極的に参加し、肖像画の分野でも優れた仕事を残した。『荒野のキリスト』(1871・トレチャコフ美術館)は苦悩するキリストの姿を全的に表現して、ロシア宗教美術の傑作の一つとなった。また、文豪トルストイと親交を結び、その肖像画(1871)も有名である。このほか、ネクラーソフ、サルティコフ・シチェドリン、シーシキンなども描いている。晩年は明るく色彩豊かになり、その代表作として『見知らぬ女』(1883)がある。彼の肖像画ではその目の表情に独特のものが認められる。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラムスコイの関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典スタング(父子)常磐津文字太夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone