クリストファー ランバート(英語表記)Christopher Lambert

20世紀西洋人名事典の解説


1957.3.17 -
フランスの俳優。
ニューヨーク市(英国)生まれ。
2歳の時スイスのジュネーヴへ移り、後にパリに戻る。少年時代から俳優を志し、兵役やロンドンの株式取引所勤務を経て、古典を勉強、1981年に映画の端役を得、映画の魅力にめざめる。’83年オーディションでアメリカ映画「グレイストーク」の主役を獲得し、野性のなかに気品をたたえた英国青年貴族で人々に強烈なイメージを残す。フランス語なまりの英語と強い近視がかもしだす目の魅力に特徴があり、女性ファンが多い。両親ともフランス人。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
俳優

国籍
米国

生年月日
1957年3月29日

出生地
ニューヨーク市

本名
ランバート,クリストフ〈Lambert,Christophe Guy Dénis〉

学歴
パリ・コンセルヴァトワール中退

経歴
両親ともフランス人。国連職員の父についてニューヨーク、ジュネーブ、パリに住んだ。兵役、ロンドン証券取引所に勤務後、コンセルヴァトワールで古典を勉強。1980年映画「Le Bar du Téléphone」に端役出演。’83年米国映画「グレイストーク・ターザンの伝説」(’84年)のオーディションで主役を獲得、アフリカで猿に育てられた英国青年貴族を演じ注目された。また、「ハイランダー 悪魔の戦士」(’86年)から始まる〈ハイランダー〉シリーズ(’86年〜2000年)の主人公コナー・マクラウドでも知られる。他の出演作品に映画「サブウェイ」(1985年)、「シシリアン」(’87年)、「愛にふるえて」(’89年)、「美しき獲物」(’91年)、「ロードランナー」(’93年)、「モータル・コンバット」(’95年)、「ニルヴァーナ」(’97年)、「レザレクション」(’99年)、「ネバー・セイ・ダイ」(2001年)、「ピアニスト」(2002年)、「歌え!ジャニス★ジョプリンのように」(2003年)、「マスク・オブ・レジェンド」(2006年)、「ゴーストライダー2」(2011年)など。1992年の東京国際映画祭では審査員を務めた。’89年女優のダイアン・レインと結婚するが、’94年離婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android