コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリストフ Christoph, Herzog von Würtemberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリストフ
Christoph, Herzog von Würtemberg

[生]1515.5.12. ウラッハ
[没]1568.12.28. シュツットガルト
ウュルテンベルク公国の領主。公国は南西ドイツのシュワーベン地方に形成された中規模の領邦である。 M.ルターの改革に呼応して,プロテスタント系の教育制度をつくった。

クリストフ
Christophe, Henri

[生]1767.10.6. 西インド諸島,グレナダ
[没]1820.10.8.
ハイチ北部の王 (在位 1806~20) 。奴隷として生れ,1791年以来ハイチ独立戦争で軍人としてフランスと戦う。 1802年フランスが再びハイチを植民地にするとこれと戦って敗退させ,11年以降はエンリケ1世の名で王となり北部ハイチを支配した。治世中,農業および貿易の振興をはかるため,農民を武力により強制的に働かせたり,大宮殿を築くなど専制政治を行なった。 20年脳卒中に襲われ,その後自殺。その後王国はハイチ共和国の一部となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クリストフ

ハンガリー生れ。1956年ハンガリー事件の際に西側に亡命以来,スイスに住む。自作の詩を同人誌に発表したり,劇団のために戯曲を書いていたが,フランス語で書かれた処女作《悪童日記》(1986年)が評判になり,世界10数ヵ国で翻訳される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリストフ
くりすとふ
Boris Christoff
(1919―1993)

ブルガリアのバス歌手。ソフィア大学で法律を学んだのち、ローマ、ザルツブルクで声楽を学び、1946年ローマでデビュー。ムソルグスキーの『ボリス・ゴドゥノフ』のピーメンやボリスで名声を獲得、各地の歌劇場でロシア・オペラを歌い、シャリアピンの後継者と目された。ほかにベルディ作品の歌唱にも優れ、繊細さと柔軟性に富んだ声、演技に対する鋭い感覚には定評がある。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリストフの関連キーワードバッハ:カプリッチョ ホ長調「ヨハン=クリストフ=バッハをたたえて」/piano soloザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団バッハ:2つの主題による幻想曲 ト短調/piano soloバッハ:アルマンドとクラント イ長調/piano soloバッハ:前奏曲(幻想曲) ハ短調/piano soloバッハ:フーガ イ長調/piano solo国立歴史公園F.フリードリヒ・フォン ガーゲルンフランクフルト歌劇場管弦楽団オルフェオとエウリディーチェイングロリアス・バスターズダス・ノイエ・オルケスターディーンツェンホーファー家フィルハーモニア管弦楽団ジャンゴ/繋がれざる者クリーヴランド管弦楽団ミュンヘン室内管弦楽団モンテカルロ・バレエ団イザベル ファウストデレク ウォルコット

クリストフの関連情報