コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリッツィング クリッツィング Klitzing, Klaus von

2件 の用語解説(クリッツィングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリッツィング
クリッツィング
Klitzing, Klaus von

[生]1943.6.28. ポーランド,シュローダ
ドイツ物理学者。ドイツ占領下のポーランドで生れ,第2次世界大戦西ドイツに移り,1969年ブラウンシュワイク工科大学を卒業。 72年ウュルツブルク大学で博士号を取得。 80年ミュンヘン工科大学教授,85年シュツットガルトのマックス・プランク固体物理学研究所教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリッツィング
くりっつぃんぐ
Klaus von Klitzing
(1943― )

ドイツの物理学者。ポーランドのポズナニ近郊のシュローダ(当時はドイツ領)に生まれる。ブラウンシュワイク工科大学で物理学を学び、1969年卒業した。ウュルツブルク大学で1972年に博士号を取得したのち、オックスフォード大学に留学、1979年にフランスグルノーブルにある高磁場研究所の研究員となった。1980年から1984年までミュンヘン工科大学教授を務め、1985年にシュトゥットガルトにあるマックス・プランク固体物理学研究所部長となった。
 1879年にホールによって発見された、板状の導体に現れる電流磁気効果の一種であるホール効果について詳しく研究した。特殊な半導体の薄膜を用いて、電子のふるまいを二次元面に拘束してホール効果を厳密に測定できるようにした。その結果、ホール電圧が連続的に変化せずに、とびとびの値をとる量子効果を示すことを発見した。これが量子ホール効果で、この現象を利用することにより、物理定数や電気抵抗が正確に測定できるようになった。この発見により1985年のノーベル物理学賞を受賞した。[編集部]
『Y・イムリー著、樺沢宇紀訳『メソスコピック物理入門』(2000・吉岡書店) ▽A・シック著、岩渕修一訳『量子井戸――2次元電子系の物理とエレクトロニクス』(2002・吉岡書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリッツィングの関連キーワード逆ポーランド記法ポーランド記法ポーランド回廊ポーランド統一労働者党ポーラータイローランド効果ポーランド室内管弦楽団オーランド[諸島]阪東宏リスト:6つのポーランドの歌(ショパン)/piano solo

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone