コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリンソウ

百科事典マイペディアの解説

クリンソウ

北海道,本州,四国の山中谷間などの湿地にはえるサクラソウ科の多年草。全体無毛。葉は根生し倒卵長楕円形で,長さ15〜40cm,基部はしばしば赤みを帯びる。晩春,高さ40〜80cmの花茎を立て,径2〜2.5cmの紅紫色花を数段輪生する(九輪草の名はこれによる)。
→関連項目サクラソウ(桜草)プリムラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリンソウ
くりんそう / 九輪草
[学]Primula japonica A. Gray

サクラソウ科の多年草。この仲間ではもっとも大形で、縁(へり)に鋸歯(きょし)のあるさじ形の葉を多数根生し、5~6月にその中央から太い花茎を出し、数個ずつ何段にも花を輪生する。花は小形で径約2センチメートル、質はやや厚く紅紫色で、茎の下部から順に咲き、花茎は1メートルに達することもある。北海道、本州、四国の山間の湿地に群生する。湿性地や渓畔でよく育ち、種子を播(ま)くと翌年開花する。夏の暑さと乾燥に弱く、古株ほど腐りやすい。鉢植えは浅水につけて育てる。[鳥居恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクリンソウの言及

【サクラソウ(桜草)】より

…おもに北半球の温帯から寒帯に分布し,とくに東部ヒマラヤから中国西部(雲南,四川)にかけて300種以上が集中して分布している。またクリンソウの近縁種がマレーシア,ジャワの東アジアの山地に,ユキワリソウの近縁種が南アメリカにも分布している。 園芸種のプリムラは,クリンザクラ(プリムラ・ポリアンタ)Ppolyantha Mill.(雑種起源),アツバサクラソウP.auricula L.(ヨーロッパ原産),ケショウザクラ(プリムラ・マラコイデス)P.malacoides Franch.(中国原産)などが有名で,多くの品種が作出されている。…

【プリムラ】より

…サクラソウ科サクラソウ属Primulaの植物は,北半球温帯域に約600種が分化している多年草であるが,日本産のサクラソウやクリンソウのように美しい花をつける種が多く,重要な園芸植物の一群となっている。日本では外国産のサクラソウ属園芸植物をプリムラと称することが普通で,ここでは外国産のもの,あるいは外国で観賞用に品種改良され,多く栽培されるものをとりあげる。…

※「クリンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリンソウの関連キーワードサクラソウ(桜草)ホウドウゲサクラソウ九蓮草九階草宝幢花七重草保童花百日草七階草桜草

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリンソウの関連情報