コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルシュー砂州 クルシューサス

2件 の用語解説(クルシュー砂州の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クルシュー‐さす【クルシュー砂州】

Kuršių nerija》バルト海とクルシュー潟湖に挟まれた、約100キロメートルにわたって延びる砂州。砂州をつくった伝説の少女の名から、ネリンガともよばれる。リトアニアの港湾都市クライペダロシアの飛び地カリーニングラードのサンビア半島を結ぶ。砂州の幅は約400メートルから4キロメートル。植林などの方法で、浸食を食い止めて守り続けた文化的景観が評価され、2000年に世界遺産文化遺産)に登録された。クルシュ砂州

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

クルシューさす【クルシュー砂州】

2000年に登録された世界遺産(文化遺産)で、リトアニアクライペダ地方と、ロシアの飛び地であるカリーニングラード地方の2国に及ぶ細長い砂の半島。最大幅3.8km、全長が98kmで、バルト海とクルシュー潟湖(せきこ)を隔てている。この長く伸びた砂丘の半島は、「リトアニアのサハラ」と呼ばれた。ここには先史時代から人類が居住してきたが、海からの風と潮による浸食の脅威にさらされてきた。16世紀に居住用の材木として木が伐られていき、半島全体が砂丘と化し、集落は砂に埋もれた。危機に立たされた住民たちは、植林を始めて砂州を保護した。現在ある森の大部分は植林によってできたものである。こうした住民の努力によって作り出された砂州の美しい景観は、文化的景観としての価値が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はCuronian Spit

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルシュー砂州の関連キーワードグリニッジバム文化遺産世界自然遺産複合遺産自然遺産ルストロルシュМірヴルコリニェツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone