コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルーグ クルーグ Klug, Aaron

2件 の用語解説(クルーグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルーグ
クルーグ
Klug, Aaron

[生]1926.8.11. リトアニア
リトアニア生れのイギリスの化学者。3歳で両親と南アフリカ共和国に移住。ケープタウン大学で修士課程を修めてケンブリッジ大学トリニティ校の奨学生として渡英,博士号を取得 (1953) した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルーグ
くるーぐ
Aaron Klug
(1926― )

イギリスの分子生物学者。リトアニアに生まれたが、幼児のときに南アフリカダーバンに移住した。ヨハネスバーグのウィットウォータースランド大学で自然科学を学ぶ。のちケープ・タウン大学で物理学を専攻、1947年に理学修士を取得し、その後も大学にとどまり、X線結晶学を学んだ。1949年にイギリスに渡り、ケンブリッジ大学のキャベンディッシュ研究所で1952年に博士号を取得した。翌1953年ロンドン大学バークベック・カレッジに移ったが、1962年ケンブリッジ大学に戻り、医学研究会議(MRC:Medical Research Council)分子生物学研究所の研究員となり、1978年主任研究員に昇格した。なお、1986年(昭和61)に仁科(にしな)記念財団の招きで来日、講演を行った。また、日本学士院の客員でもある。
 バークベック・カレッジ時代にR・E・フランクリンとともにタバコモザイクウイルスの構造解明に取り組み、その三次構造(立体構造)を明らかにした。この研究の過程で、電子顕微鏡とレーザーを用いて物質の構造を決定する結晶学的電子分光法を開発した。その後、この方法を用いてクロマチン(DNAとタンパク質の複合体)など、複雑なタンパク質複合体の構造解明に成功した。1982年「結晶学的電子分光法を開発し、核酸・タンパク質複合体の構造を解明」した功績により、ノーベル化学賞を受賞した。[編集部]
『大場義樹・水野重樹編著『生物化学実験法22 クロマチン実験法』(1988・学会出版センター) ▽カール・ブランデン、ジョン・ツーズ著、勝部幸輝他監訳『タンパク質の構造入門』第2版(2000・ニュートンプレス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルーグの関連キーワードテリトリーミンダウガスリトアニア語リトアニア人有りと有るゲディミナス通りリトアニア室内管弦楽団チュルニョーニス在リトアニア・ポーランド・ロシア・ユダヤ人労働者総同盟リトアニア大公国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クルーグの関連情報