クローニング

化学辞典 第2版の解説

クローニング
クローニング
cloning

特定の遺伝子型の組合せをもった均一の個体群(クローン)を得ること.一卵性双生児は天然のクローンである.植物の挿し木なども広い意味ではクローニングである.特定の性質をもった細胞を単離して,増殖させる場合や,特定の配列を有するcDNA遺伝子を取り出し,プラスミドファージ(微生物に感染するウイルス)の形で増やす場合もクローニングという.このように,最近では個体のみならず,細胞分子についても同じ物を増やす操作をクローニングという.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

クローニング

〘名〙 (cloning) 同一の遺伝子構成をもつ個体、細胞や遺伝子の集団をつくりだすこと。動物個体では核移殖、植物ではカルス培養、細胞では細胞培養、遺伝子では組み換えDNA実験によって行なう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クローニング(cloning)

生物学で、一つの細胞または個体から、全く同一の遺伝子構成をもつクローンを作成すること。また、ある特定の遺伝子を単離して増やすこと。
あるコンピューターの動作環境を、別のコンピューターに大量に複製して動作させること。仮想的に構築した仮想マシンも含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクローニングの言及

【組換えDNA】より

… 実際に研究を行うにあたっては,着目する遺伝子をいかにして単離するかが問題となる。遺伝子の単離を遺伝子のクローニングcloningという。代表的方法は二つあり,一つはメッセンジャーRNAから逆転写酵素(RNA依存性DNAポリメラーゼ)によって相補的DNA(cDNA)を調製するもので,もう一つは形質転換法である。…

※「クローニング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android