コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローニング cloning

翻訳|cloning

デジタル大辞泉の解説

クローニング(cloning)

生物学で、一つの細胞または個体から、全く同一の遺伝子構成をもつクローンを作成すること。また、ある特定の遺伝子単離して増やすこと。
あるコンピューターの動作環境を、別のコンピューターに大量に複製して動作させること。仮想的に構築した仮想マシンも含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

クローニング

 クローン化ともいう.(1) 同一の遺伝的特性をもつ個体の集団をクローンといい,そのような集団を選抜して作っていくことをいう.(2) 特定のDNAを遺伝子工学的に分離して増殖できるようにすること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クローニング【cloning】

クローンを作ること。特に、特定の遺伝子をもつ DNA 断片のクローンを作ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクローニングの言及

【組換えDNA】より

… 実際に研究を行うにあたっては,着目する遺伝子をいかにして単離するかが問題となる。遺伝子の単離を遺伝子のクローニングcloningという。代表的方法は二つあり,一つはメッセンジャーRNAから逆転写酵素(RNA依存性DNAポリメラーゼ)によって相補的DNA(cDNA)を調製するもので,もう一つは形質転換法である。…

※「クローニング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クローニングの関連キーワードインスリン様成長因子結合タンパク質スナップショット (仮想化)クローニング (仮想化)遺伝子ターゲッティングアドレナリンレセプター骨形態形成タンパク質インスリン様成長因子位置指定突然変異誘発バイオジェネリックシェルモールド法インスリン受容体コンピューター嗅覚レセプターガングリオシドDNAプローブ塩基配列決定法ABCモデル分子モーターシーケンサーバイオ医薬品

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クローニングの関連情報