コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロン障壁 クーロンしょうへき Coulomb barrier

2件 の用語解説(クーロン障壁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーロン障壁
クーロンしょうへき
Coulomb barrier

同符号の電荷間に働く静電気力 (クーロン力) の斥力によってつくられるポテンシャル障壁原子核に正電荷の粒子を入射させると,クーロン障壁を越える運動エネルギーを与えなければ核力の到達距離内に接近できないので,核反応はほとんど起らない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

クーロン障壁【Coulomb barrier】

原子核内から正符号の粒子が放出される際,その核半径より内側では強い引力が,外側では斥力が働く.したがって外部へ飛び出す際には,この斥力ポテンシャルの壁を越えなくてはならなくなる.これをクーロン障壁*という.核融合の場合にも同じようにこのポテンシャルの壁を越えなくてはならない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーロン障壁の関連キーワード核エネルギー核反応禁制線遅発中性子中性子捕獲放射排卵期β粒子崩壊陽子捕獲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone