コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロン障壁 クーロンしょうへきCoulomb barrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーロン障壁
クーロンしょうへき
Coulomb barrier

同符号の電荷間に働く静電気力 (クーロン力) の斥力によってつくられるポテンシャル障壁原子核に正電荷の粒子を入射させると,クーロン障壁を越える運動エネルギーを与えなければ核力の到達距離内に接近できないので,核反応はほとんど起らない。またα崩壊の際にα粒子はクーロン障壁を量子力学トンネル効果によって通り抜けて核外へ出る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

クーロン障壁【Coulomb barrier】

原子核内から正符号の粒子が放出される際,その核半径より内側では強い引力が,外側では斥力が働く.したがって外部へ飛び出す際には,この斥力ポテンシャルの壁を越えなくてはならなくなる.これをクーロン障壁*という.核融合の場合にも同じようにこのポテンシャルの壁を越えなくてはならない.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone