コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グティエレス・ナヘラ グティエレス・ナヘラ Gutiérrez Nájera, Manuel

2件 の用語解説(グティエレス・ナヘラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グティエレス・ナヘラ
グティエレス・ナヘラ
Gutiérrez Nájera, Manuel

[生]1859.12.22. メキシコシティー
[没]1895.2.3. メキシコシティー
メキシコの詩人。メキシコにおける世紀末「近代派」の中心的存在で,1894年にその機関誌ともいえる『青』 Revista azulを創刊。ヨブ侯爵のペンネームで,ボヘミアン生活の苦悩と哀愁を,色彩感に富む新鮮な言語で,短編や詩に綴った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グティエレス・ナヘラ
ぐてぃえれすなへら
Manuel Gutirrez Njera
(1859―1895)

メキシコの詩人、小説家。メキシコ市の富裕な家庭に生まれ、学校には行かず家庭教師について教育を受け、神秘主義者たちの著作を読んで育つ。16歳のときラファエルという筆名で新聞に投稿後はジャーナリズムに入り、数多くの筆名(とくに名高いのは「ヨブ公爵」)を用いて文学界で活躍。メキシコ近代主義(モデルニスモ)の先駆者であり、1894年に自ら創刊した『アスル』誌で多くの近代主義詩人・作家たちを育てる。幻想やユーモアにあふれるイメージ豊かな短編集『はかない物語』(1883)や、ロマン主義の香りを残す『頌歌(しょうか)』『悲しい夜(トリースティシマ・ノクス)』『心の平和(パクス・アニマエ)』など数多くの詩を残したが、死後『詩集』(1896)としてまとめられた。[安藤哲行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グティエレス・ナヘラの関連キーワードメキシコシティーメキシコ湾流メキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカン風雲のメキシコメキシコ・セットメキシコのダンス

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone