コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グティエレス・ナヘラ Gutiérrez Nájera, Manuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グティエレス・ナヘラ
Gutiérrez Nájera, Manuel

[生]1859.12.22. メキシコシティー
[没]1895.2.3. メキシコシティー
メキシコの詩人。メキシコにおける世紀末「近代派」の中心的存在で,1894年にその機関誌ともいえる『青』 Revista azulを創刊。ヨブ侯爵のペンネームで,ボヘミアン生活の苦悩と哀愁を,色彩感に富む新鮮な言語で,短編や詩に綴った。主著『詩集』 Obras de M. Gutiérrez Nájera (1896) ,『煙の色の短編集』 Cuentos color de humo (94) ほか。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グティエレス・ナヘラ
ぐてぃえれすなへら
Manuel Gutirrez Njera
(1859―1895)

メキシコの詩人、小説家。メキシコ市の富裕な家庭に生まれ、学校には行かず家庭教師について教育を受け、神秘主義者たちの著作を読んで育つ。16歳のときラファエルという筆名で新聞に投稿後はジャーナリズムに入り、数多くの筆名(とくに名高いのは「ヨブ公爵」)を用いて文学界で活躍。メキシコ近代主義(モデルニスモ)の先駆者であり、1894年に自ら創刊した『アスル』誌で多くの近代主義詩人・作家たちを育てる。幻想やユーモアにあふれるイメージ豊かな短編集『はかない物語』(1883)や、ロマン主義の香りを残す『頌歌(しょうか)』『悲しい夜(トリースティシマ・ノクス)』『心の平和(パクス・アニマエ)』など数多くの詩を残したが、死後『詩集』(1896)としてまとめられた。[安藤哲行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グティエレス・ナヘラの関連キーワードラテンアメリカ文学アマード ネルボモデルニスモ12月22日ネルボダリオ