コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グネツム科 グネツムかGnetaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グネツム科
グネツムか
Gnetaceae

裸子植物の1科で,熱帯地方に1属 (グネツムGnetum) 約 30種がある。マオウ科,ウェルウィッチア科などとともにグネツム目を形成し,いわゆる残存 (遺存) 植物の一群とされる。グネツム科の大半はつる性多年草で,小低木となる種もあり,マレーシアなど熱帯アジアとアフリカ,南アメリカ,太平洋諸島にも分布する。葉は常緑で革質。雌雄異株で穂状花序をつくるが,花穂はさらに集って密集する花序となる。雌花,雄花ともに筒状の花被をもつ。種子では胚珠の外壁が木質化し,これを包む形で花被が多肉化して,一見核果のように見える。グネツムG.gnemonではこの種子 (→偽果 ) を食用とすることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グネツム科の関連キーワードグネモン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android