コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラストンベリー Glastonbury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラストンベリー
Glastonbury

イギリスイングランド南西部,サマセット県北東部,メンディップ地区の町。ブリストルの南南西約 35km,ブルー川河谷に臨む丘の斜面に位置する。酪農のほか,羊皮加工,羊皮製品製造などを行なう小都市であるが,付近の古い泥炭地跡から種々の出土品とともに,鉄器時代後期の湖上集落遺跡が発掘されており,またイングランド最古といわれるベネディクト会の聖メアリー修道院の遺跡も近くにあり,観光中心地としてにぎわう。近郊のワーシーファームでは,毎年夏に野外音楽祭のグラストンベリー・フェスティバルが行なわれる。人口 8784(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラストンベリー【Glastonbury】

イギリス,イングランド南西部サマセット州の古都。人口6770(1981)。伝説によれば,紀元1世紀アリマタヤのヨセフがこの地に〈聖杯〉(十字架にかけられたキリストの血を入れたとされる杯)を持ち来たったといわれる。そのため,グラストンベリーこそイングランド最初のキリスト教伝来の地である,とする伝説が生まれ,この地に残る名高い修道院の遺跡は,アングロ・サクソン人やデーン人の侵入にも,またノルマン人の征服にも耐え抜いた,ゆるぎなきキリスト教の栄光の証しであると,うたわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグラストンベリーの言及

【ヨセフ[アリマタヤの]】より

…12,13世紀以降は聖杯伝説アーサー王伝説の中で重要な地位を与えられるようになり,前者との結びつきは,ロベール・ド・ボロン《聖杯の由来の物語》(1200以前)にその最も早い例がみられる。彼はまた,とくにイングランド南西部の古都グラストンベリーとは縁が深く,同地に〈聖杯〉とともにキリスト教をもたらした最初の人物とされる。聖書の記述に基づいて葬儀屋の守護聖人ともなり,祝日は3月17日。…

※「グラストンベリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラストンベリーの関連キーワードアングロ・サクソン人フィールディングダンスタンハウスマン聖杯伝説ポーイス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラストンベリーの関連情報