コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラディアトル グラディアトルgladiator

翻訳|gladiator

5件 の用語解説(グラディアトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラディアトル
グラディアトル
gladiator

古代ローマ時代の剣闘士奴隷。エトルリア人が葬儀で死者を慰めるため剣闘を行わせたのが起源。ローマに受継がれ,ゲルマニアやトラキアの奴隷が専門に養成され,観衆を集めて死ぬまで戦わされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グラディアトル(〈ラテン〉gladiator)

古代ローマ時代の剣奴(けんど)。市民の娯楽のため、闘技場で仲間または猛獣を相手に闘った剣士。多くは奴隷や戦争捕虜からなり、養成所もあった。グラディエーター

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

グラディアトル【gladiator】

古代ローマの剣闘士のこと。死者の霊をとむらうため,墓前で剣闘士の試合を行う習慣は,元来エトルリアのもので,これがローマに継承された。前264年ローマで最初の剣闘士の試合が行われ,前105年には見世物として民衆に提供された。剣闘士は,主として戦争捕虜や奴隷からなり,闘技場で仲間同士や猛獣と死ぬまで闘うことを強制された。ローマの民衆は,この試合に熱狂したので,政治家や権力者たちは民衆に見世物を提供して,人気を得たり自己の地位を高めるのに利用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラディアトル
ぐらでぃあとる
gladiator

剣闘士または剣奴と訳される。エトルリアでは死者の霊を弔うため墓前で剣闘士の試合を行う習慣があったが、古代ローマがこれを継承した。この試合が見せ物として民衆に提供されるようになったのは紀元前105年以降である。戦争捕虜や奴隷などからなる剣闘士は、闘技場で仲間同士や猛獣と死ぬまで闘うことを強制された。民衆は死のゲームに熱狂したので、政治家はこれを提供して、高級政務官の選挙で票を得るため利用し、闘技場はコロセウムをはじめイタリア、属州を問わず、各地につくられた。
 屈辱的な生活を強いられた剣闘士は、人間的自由の回復のため蜂起(ほうき)(スパルタクスの蜂起が有名)や逃亡を繰り返した。剣闘士同士の試合が廃止されたのは404年であった。[土井正興]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグラディアトルの言及

【スパルタクス】より

…トラキアのメディ族出身。ローマ人によりグラディアトル(剣闘士)とされ,カプアの養成所に入れられる。前73年,約70人の仲間と養成所を脱走,ウェスウィウス(ベスビオ)山に拠り,巧みな戦術によって,派遣されたローマ軍をしばしば破った。…

※「グラディアトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone