グラニコスの戦い(読み)グラニコスのたたかい(英語表記)Battle of the Granicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラニコスの戦い
グラニコスのたたかい
Battle of the Granicus

前 334年にマケドニアアレクサンドロス3世 (大王) がアケメネス朝ペルシア軍を破った最初の戦い。小アジアのグラニコス川 (現コカバス川) の河口付近が戦場となった。この勝利によって,遠征の当初の目的であった小アジアのギリシア諸市の解放は,ほぼ達成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラニコスの戦い
ぐらにこすのたたかい

アレクサンドロス大王のペルシア遠征における緒戦。紀元前334年5月、小アジア(アナトリア)半島の北西端グラニコスGranikos川(現在名コジャバシュ川)の河口から約10キロメートル入った河畔で起こった。大王はペルシアの在地軍およびメムノン麾下(きか)のギリシア人傭兵(ようへい)軍を破ったが、混戦で、自身も敵将2人に襲われ、側近の戦友クレイトスの助太刀(すけだち)で命拾いをした。王の生涯でもっとも危うい一瞬であった。以後、小アジアへの進撃の道が開かれた。[金澤良樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android