コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グループ学習 グループがくしゅうgroup study

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グループ学習
グループがくしゅう
group study

興味や能力などを考慮して編成されたグループの活動を通じて,共通目的の達成を目指すとともに,構成員相互ならびにグループ相互に影響を及ぼし合うことを期待する学習形態。意見交換,協同作業による知的,社会的発達が目指される。日本では,学校教育のほか社会教育の領域でも広く活用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グループ‐がくしゅう〔‐ガクシフ〕【グループ学習】

クラスの生徒をいくつかのグループに分け、グループの成員の協力によって進められる学習法。分団学習

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

グループがくしゅう【グループ学習】

学級の生徒・児童がいくつかのグループに分かれ、グループの各自が協力しながら行う学習。分団学習。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グループ学習
ぐるーぷがくしゅう
group learning

学級全体を基盤とする一斉学習と、個人を対象とする個別学習との中間に位置する学習形態の一つであり、学級をいくつかのグループに分けて学習を展開する。分団学習、小集団学習とよばれることもある。
 グループ学習の特色は、一斉学習の授業の陥りがちな教師中心の画一主義的指導の欠点を補い、小グループのなかでの子供たちの自由な討議や共同作業を通して、ひとりひとりの子供の主体的で積極的な学習活動への参加を促すこと、また興味・関心、経験、能力の異なる子供たちが、それぞれの考えを出し合い、また援助し合って学習することによって、学習効果が高まるとともに、民主的な集団形成の訓練にもなることなどである。
 グループを編成する場合には、能力、興味・関心、性別などにより分ける方法もあるが、一般の授業では、できるだけ自然な編成が望ましいとされている。[伊東亮三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグループ学習の言及

【学習】より

…学習とは,特定の経験によって行動のしかたに永続的な変化が生ずる過程である。同じ行動様式の変化でも,経験によらない成熟や老化に基づく変化や,病気,外傷,薬物などによる変化は学習とはいえない。また疲労や飽きは,回復可能な一時的変化にすぎないので,これも学習とは区別される。子どもの発達過程では,例えば言葉や歩行の習得のような学習が,長期にわたって行われている。しかしこの場合,行動様式の永続的変化といっても,多様な経験に基づいて,広い範囲の行動が変化するのであって,この過程はとくに〈発達〉と呼ばれる。…

※「グループ学習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グループ学習の関連キーワードラーニング・コモンズラーニングコモンズ総合的な学習の時間ワークショップ学校用家具4Hクラブシナゴーグ一斉教授クラス児童各自学級

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グループ学習の関連情報