コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロスモーン国立公園 グロスモーンこくりつこうえんGros Morne National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロスモーン国立公園
グロスモーンこくりつこうえん
Gros Morne National Park

カナダのニューファンドランド島西部,地球上で最も古い山脈の一つに数えられるロングレンジ山地からセントローレンス湾の間を占める国立公園。 1973年指定。面積 1942km2。公園南部のテーブルランドは地下マントルがそのまま押し上げられてできた台地で,植生に乏しく赤褐色の岩肌をみせている。氷河浸食によるフィヨルドや断崖,海岸部の砂丘など変化に富んだ景観が広がり,北緯 50°にもかかわらず気候的には亜北極性気候に属するため,海岸近くにありながら標高 2000m以上の植物相,動物相を呈している。イヌイット (→エスキモー ) ,アメリカインディアンバイキングの遺跡も発掘されている。 1987年世界遺産自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グロスモーン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【グロスモーン国立公園】

Gros Morne National Park》カナダ東端、ニューファンドランド島西部にある国立公園。地殻変動によりマントルがむき出しになったの岩石や氷河の浸食で形成された地形などが見られ、地学上重要な場所として、1987年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例