コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケニアピテクス Kenyapithecus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケニアピテクス
Kenyapithecus

L.リーキーがケニアのビクトリア湖畔で発見した高等霊長類の化石骨。 1962年リーキーによりケニアピテクス・ウイケリ K. wickeriと命名された。アルゴン法による年代測定で 1400万年前のものとの報告がある。歯などが十数点発見されているが,リーキーはこれらの標本に歯隙がなく,犬歯も大きくなく,また前歯が小さく,臼歯にドリオピテクス型がみられるなど,ヒト的特徴が多くみられるところから,ヒト科の遠い祖先と考えた。しかし E.サイモンズや D.ピルビームらは,ケニアピテクスをラマピテクス類に含まれるものとし,特に別種とは認めていない。いずれにせよヒト科の祖先であると考える学者が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケニアピテクス
けにあぴてくす
Kenyapithecus

ケニア出土の化石類人猿。1961年にビクトリア湖畔、フォート・ターナンで上顎骨(じょうがくこつ)破片と歯が発見され、翌年、発見者のL・リーキーによってケニアピテクス・ウィッケリと命名された。第三紀中新世末期ないし鮮新世初期のものとされ、約1400万年前との年代測定が出されている。また、同じくリーキーによってケニアピテクス・アフリカヌスも発見されているが、こちらはドリオピテクスに近いといわれている。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android