コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルチ Kerch/Керч

デジタル大辞泉の解説

ケルチ(Kerch/Керч)

ウクライナ南部、クリミア自治共和国の港湾都市。ケルチ半島東端に位置し、黒海アゾフ海を結ぶケルチ海峡に面する。紀元前6世紀以前に建設された古代ギリシャの植民都市パンティカパイオンに起源する。東ローマ帝国時代に要塞が築かれ、その後、モンゴル、ジェノバ、オスマン帝国の支配を経て、ロシア‐トルコ戦争後にロシア領になった。第二次大戦中の独ソ戦争の激戦地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ケルチの関連キーワードアレクサンドル ベルンシュタムクチュク・カイナルジ条約ウリヤーナ ロパートキナクルイム自治共和国パンチカパイオンハンガリー文学ボスポロス王国ペレコプ地峡マリウーポリクルイムスククリミア半島新石器時代アラバト岬ウクライナアンタエ露土戦争ケルチカマ川

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android