コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンポナシ

百科事典マイペディアの解説

ケンポナシ

北海道(奥尻島)〜九州,東アジアの山野にはえるクロウメモドキ科の落葉高木。葉は広卵形で,縁には鋸歯(きょし)がある。6〜7月,小枝の先や葉の付け根に集散状に径約7mmの淡緑色の5弁花を咲かせる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケンポナシ【Japanese raisin‐tree】

丸い大きな葉をもつクロウメモドキ科の落葉高木(イラスト)。晩秋に花序の先端部がふくれて肉質になり,果実とともに落ちる。これは甘くて食べられる。ケンポナシはテンポナシ(手棒梨)がなまったもので,ふくれた花序の柄に由来するという。すらりと背の高い落葉高木。葉は互生し,広卵形で大きく,長さ15cm,幅10cm前後,脈は基部で三分し,縁には鋸歯がある。花期は6月頃で,新枝の葉腋(ようえき)に集散花序をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンポナシ
けんぽなし
[学]Hovenia dulcis Thunb.

クロウメモドキ科の落葉高木。樹皮は黒みがかった灰色で浅く縦に裂け、枝は紫褐色で皮目がある。葉は広卵形で長さ8~15センチメートル、淡緑色、3本の葉脈が目だつ。花は淡緑色で、6~7月、枝の先の集散花序に多数つく。果実は核果、無毛で紫黒色に熟す。秋に果実の柄が肥大し、甘く食用となる。肥大した果柄が人の手のようで味が梨(なし)に似るところから、手棒(てんぼう)梨が訛(なま)ってこの名になったらしい。果実を生食あるいは煎(せん)じて飲むと二日酔いを覚ますといわれている。材は木目が美しく狂いが少ないので装飾材に用いる。山野に生え、北海道の奥尻(おくしり)島から九州、朝鮮半島、中国に分布する。本州、四国には果実に毛のある別種ケケンポナシH. tomentella (Makino) Makinoがある。ケンポナシ属は東アジア特産で、5種ある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケンポナシの関連キーワード果実(植物)黒梅擬科玄の実偽果玄圃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android