コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンポナシ

3件 の用語解説(ケンポナシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケンポナシ

北海道(奥尻島)〜九州,東アジアの山野にはえるクロウメモドキ科の落葉高木。葉は広卵形で,縁には鋸歯(きょし)がある。6〜7月,小枝の先や葉の付け根に集散状に径約7mmの淡緑色の5弁花を咲かせる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケンポナシ【Japanese raisin‐tree】

丸い大きな葉をもつクロウメモドキ科の落葉高木(イラスト)。晩秋に花序の先端部がふくれて肉質になり,果実とともに落ちる。これは甘くて食べられる。ケンポナシはテンポナシ(手棒梨)がなまったもので,ふくれた花序の柄に由来するという。すらりと背の高い落葉高木。葉は互生し,広卵形で大きく,長さ15cm,幅10cm前後,脈は基部で三分し,縁には鋸歯がある。花期は6月頃で,新枝の葉腋(ようえき)に集散花序をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンポナシ
けんぽなし
[学]Hovenia dulcis Thunb.

クロウメモドキ科の落葉高木。樹皮は黒みがかった灰色で浅く縦に裂け、枝は紫褐色で皮目がある。葉は広卵形で長さ8~15センチメートル、淡緑色、3本の葉脈が目だつ。花は淡緑色で、6~7月、枝の先の集散花序に多数つく。果実は核果、無毛で紫黒色に熟す。秋に果実の柄が肥大し、甘く食用となる。肥大した果柄が人の手のようで味が梨(なし)に似るところから、手棒(てんぼう)梨が訛(なま)ってこの名になったらしい。果実を生食あるいは煎(せん)じて飲むと二日酔いを覚ますといわれている。材は木目が美しく狂いが少ないので装飾材に用いる。山野に生え、北海道の奥尻(おくしり)島から九州、朝鮮半島、中国に分布する。本州、四国には果実に毛のある別種ケケンポナシH. tomentella (Makino) Makinoがある。ケンポナシ属は東アジア特産で、5種ある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケンポナシの関連キーワード梅擬熊柳黒梅擬玄圃梨蔓梅擬浜棗擬蟷螂黒つ薔薇核太棗風鈴梅擬

ケンポナシの関連情報