コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケー K/k

デジタル大辞泉の解説

ケー(K/k)

英語のアルファベットの第11字。
〈K〉《King》チェス・トランプで、キングの記号。
〈K〉《〈ドイツ〉Kaliumカリウム元素記号
〈k・K〉《〈フランス〉kilo》数の単位、キロの記号。
㋐〈k〉国際単位系(SI)で、単位の上に付けて1000(103)倍を表す接頭語。
㋑〈K〉コンピューターの関連で、単位の上に付けて1024(210)倍を表す接頭語。通常大文字を用いる。
〈K〉《〈ドイツ〉Kelvin絶対温度の記号。
〈K〉《karat》金の純度の単位、カラットの記号。
〈K〉《karat》宝石の質量の単位。1カラットは200ミリグラム。
〈k・K〉《kitchenキッチンを表す記号。間取り図などで用いる。「3DK
〈k・K〉《strike outから》野球で、三振を表す記号。SOとも。
10 〈K.〉《オーストリアの音楽研究家、Ludwig von Köchelの頭文字から》ケッヘル番号を表す記号。K.V.とも。
11 〈K〉《blackから》CMYKの黒を表す記号。
12 〈K〉《〈ドイツ〉Konstruktions Punktから》スキージャンプ台のK点を表す記号。
13 〈K〉《KoreaKorean》韓国または「韓国の」を表す略号。「Kリーグ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ケー【K・k】

英語のアルファベットの第一一字。
カリウム(ドイツ Kalium)の元素記号( K )。
キロ(kilo)の略号( k )。
カラット(karat)の略号( k )。
トランプで、キング(king)の札の記号。
音楽で、モーツァルトの作品につけたケッヘル(Köchel)番号であることを表す記号( K )。
絶対温度の単位ケルビン(kelvin)を表す記号( K )。

ケー【John Kay】

ケイ

ケー【Ellen Karolina Sofia Key】

ケイ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ケーの関連キーワードソフトウエアデベロップメントキット黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉エイチ・エス・ケー(HSK)アール・ケー・ビー毎日放送ウィルヘルムシュトラーセガートルード ローレンスCMYKカラースペースソフトウエア開発キットCMYKカラーモデル国際連合平和維持活動振幅シフトキーイングオンオフキーイングイボンヌ ベニシュ高出力圧力管原子炉国際連合平和維持軍エッチ・ケー・エス重要目標達成指標重要業績評価指標ワイ・デー・ケー国連平和維持活動

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーの関連情報