コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲエズ語 ゲエズごGe`ez language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲエズ語
ゲエズご
Ge`ez language

エチオピア教会の典礼用語。古典エチオピア語,または単にエチオピア語ともいう。セム語族の南東セム語に属し,現代のティグリニャ語ティグレ語と近い関係にある。最古の文献は3~4世紀の碑文。写本で最も古いのは 13世紀で,この頃にはすでに話し言葉としては用いられなくなっていたらしいが,その後も長く文章語として使われた。南セム文字系統の音節文字を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲエズ語【ゲエズご】

ゲエズ語とも。Ge'ez。南北アラビア語とともに南セム語に属する古典エチオピア語のこと。紀元前数世紀,南アラビア語の話し手がエチオピアへ移住後,クシ諸語を素地として成立した。
→関連項目セム語族

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲエズご【ゲエズ語 Ge’ez】

古典エチオピア語Classic Ethiopicともいわれる。また単にエチオピア語Ethiopicといってゲエズ語を指す場合もある。ゲエズ語は紀元前に南アラビアから紅海を渡って,エチオピアに移住したセム系の人々の言語(古代南アラビア語の方言)が,土着の言語(クシ諸語)との接触の過程を経て新たに成立した言語である。 北部エチオピアで栄えたアクスム王国の言語として,後3世紀からの碑文資料をもっているが,帝国の衰亡にともなって,10世紀ころには死語となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゲエズご【ゲエズ語】

セム語族南西セム語派エチオピア-セム諸語の北エチオピア諸語に属する言語。エチオピア北部のアクスム王国で一〇世紀頃まで話された。王国の滅亡で死語となるが、一九世紀半ばまで書き言葉として残った。現在は祈禱言語として残る。ゲーズ語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲエズ語
げえずご

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゲエズ語の関連キーワードエチオピア文学ハム・セム語族エチオピア教会エチオピア諸語アムハラ語ゲーズ語書き言葉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android