コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーレン ゲーレン Gehlen, Arnold

2件 の用語解説(ゲーレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーレン
ゲーレン
Gehlen, Arnold

[生]1904.1.29. ライプチヒ
[没]1976.1.30. ハンブルク
現代ドイツ社会心理学者,哲学者。ライプチヒ大学で有機的哲学 (生気論) に立つ H.ドリーシュに師事。のち同大学および各地の大学教授を経て,1962年以来アーヘン高等工業学校教授。人間は「考える存在」でも,また動物的自然本能に動かされる存在でもなく,自覚的に文化を創造しつつある存在とする人間観から,新しい哲学的文化人類学を提唱。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゲーレン【Arnold Gehlen】

1904‐76
ドイツの哲学者,社会学者。ライプチヒに生まれ,同地とケルンで哲学を修む。ドリーシュの門弟としてライプチヒ大学哲学正教授(1934)をはじめ,ケーニヒスベルク(1938),ウィーン(1940)の大学教授を歴任し,第2次大戦で負傷(1945)。戦後は,シュパイヤー法科大学(1947),アーヘン工科大学(1962)で社会学の創設に当たる。オーストリア科学アカデミー遠隔地会員。主著《人間》(1940)は,哲学的人間学の代表作の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゲーレンの関連キーワードイェリネックシュプランガートマジウスフェヒナーライプチヒの戦いライプニッツリットライプチヒの戦レーンホルムインゼル[会社]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲーレンの関連情報