コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウタケ(皮茸) コウタケ

百科事典マイペディアの解説

コウタケ(皮茸)【コウタケ】

日本特産のイボタケ科の食用キノコ。かさの径10〜20cm,漏斗(ろうと)形で中央部に深いくぼみがある。表面は顕著なささくれ(鱗片)があり,淡紅褐色,のち暗褐色で乾くと黒。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コウタケ【コウタケ(皮茸) Sarcodon aspratus (Berk.) S.Ito】

担子菌類イボタケ科のキノコ(イラスト)。かさの裏に剛毛状の針が密生しているのを野獣の毛皮と連想してカワタケ(皮茸)と名づけられ,それがなまってコウタケとなった。香茸はシイタケにあてられた名で本種を指すものではない。かさの径10~25cm,深い漏斗状で中央部には茎の根元まで達する深いくぼみがある。表面は淡紅褐色で濃色の大きなささくれがある。かさの裏面の針は0.5~1.2cm,灰白色のち暗褐色。胞子は類球形でいぼ状の突起がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコウタケ(皮茸)の言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…キノコがもつ独特の風味は日本人の心をとらえ,また健康を支えた。自然のもつ風味と季節感をたっとぶ日本料理では香り高いマツタケ,シイタケ,コウタケなどの風味をこよなく愛した。そして茸狩りを楽しんだ。…

【ハリタケ(針茸)】より

…イボタケ科にはクロハリタケPhellodon niger (Fr.) Karst.,チャハリタケHydnellum zonatum (Fr.) Karst.のようにハリタケの名がつけられるものが多い。多くは地上生だが革質で食用にはならないが,肉質で香りの高いコウタケは食菌として名高い。【今関 六也】。…

※「コウタケ(皮茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone